AirPodsのファームウェアのバージョンを確認・アップデートする方法

この記事ではAirPods・AirPods Proのファームウェアのバージョンを確認したり、アップデートする方法を紹介します。

AirPodsのファームウェアのアップデートはiOSやmacOSほど頻繁にはありませんが、アップデートを行うことで接続が安定したり、バッテリーの保ち、さらに音質改善、新機能の追加などが期待できます。

AirPods・AirPods Proのファームウェアのバージョンを確認する方法

スポンサーリンク

まず初めにAirPods・AirPods Proのファームウェアのバージョンを確認する方法から紹介します。

AirPods・AirPodsのファームウェアのバージョンを確認する方法は2種類あります。

「Bluetooth」から確認する

一つ目の方法はBluetoothからファームウェアのバージョンを確認する方法です。

  1. 設定を開く
  2. Bluetoothをタップ
  3. AirPodsの右横にあるをタップ
  4. ファームウェアのバージョンを確認する

「一般」の「情報」から確認する

2つ目の方法はiPhoneやiPadとAirPodsが接続されている必要があります。接続されていないと確認することができないので、上で紹介した方法で確認する方が簡単です。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. 情報をタップ
  1. 画面一番下にあるAirPodsをタップ
    ※AirPodsが繋がっていないと表示されません
  2. ファームウェアのバージョンをチェック

AirPodsのファームウェアをアップデートする方法

スポンサーリンク

続いてAirPods・AirPodsのファームウェアをアップデートする方法です。

AirPods・AirPodsを使っている方で意識してファームウェアをアップデートしたことがある方はいないはずです。

というのも、iOSやiPadOS、macOSのソフトウェア・アップデートと違って、AirPodsのファームウェア・アップデートは黙って静かに自動で行われるからです。手動で行うことができません。

ファームウェアのアップデートは以下の条件が揃ったときに行われるそうです。(情報元:iMore

  • AirPodsがケースに入っている
  • AirPodsのケースが充電中である
  • AirPodsと繋がったiPhone、またはiPadがAirPodsの近くにある

ただこれもいつ起こるかわかりません。リリースとともに早いタイミングでアップデートされる人もいれば、何時間もアップデートされないこともあります。

もしAirPodsやAirPods Proのファームウェアのアップデートを早く済ませたい人は、意識してAirPodsのケースを充電し、そこにAirPodsを挿し込んでおくようにしましょう。

最新のファームウェアのバージョンは何?

ちなみにAirPodsとAirPods Proのファームフェアのバージョン履歴と最新バージョンは以下の通りです。

以下の情報は2020年09月15日現在のものです。

それぞれの最新バージョン

  • AirPods 第1世代:6.8.8
  • AirPods 第2世代:3A283
  • AirPods Pro:3A283

AirPods 第1世代のバージョン履歴

  • 2016年12月13日:3.3.1(発売日)
  • 2017年02月01日:3.5.1
  • 2017年03月24日:3.7.2
  • 2019年03月26日:6.3.2
  • 2019年07月11日:6.7.8
  • 2019年09月10日:6.8.8

AirPods 第2世代のバージョン履歴

  • 2019年03月26日:1A661(発売日)
  • 2019年05月14日:1A673
  • 2019年08月19日:1A691
  • 2019年09月10日:2A364
  • 2019年12月16日:2C54
  • 2020年03月12日:2D15
  • 2020年09月14日:3A283

AirPods Proのバージョン履歴

  • 2019年10月29日:2B584(発売日)
  • 2019年11月14日:2B488
  • 2019年12月16日:2C54
  • 2020年05月05日:2D15
  • 2020年06月23日:2D27
  • 2020年09月14日:3A283

情報元:

関連記事