AirPods 第2世代・AirPods Pro向けファームウェアアップデート「3A283」がリリース

2020年9月15日、AirPods 第2世代とAirPods Pro向けに新しいファームウェアアップデートがリリースされました。

これによってAirPods 第2世代とAirPods Proのファームウェアは「3A283」になります。

これまでAirPods 第2世代のファームウェアは2D15、AirPods Proは2D27だったので、今回のアップデートによってビルドナンバーが統一されたことになります。

新機能がついに搭載。あとはiOSなどのアップデート待ち

スポンサーリンク

今回のファームウェアのアップデートによって、iOS 14/iPadOS 14/macOS Big Surなどの新機能として使える「端末間での自動切り替え」や「利用者が頭の向きを変えても音声の方法が追従する空間オーディオ(サラウンド機能)」に対応したという情報があります。

もちろん今の時点ではiOS 14やiPadOS 14、macOS Big Surは開発版やパブリックベータ版のみ提供されていて、一般の正式なリリースはまだされていません。

なので多くの人がファームウェアのアップデートを行っても、新機能を試すことはできませんが、「とうとう新機能が来る」と思うだけでワクワクしてきます。

AirPodsのアップデート方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPad、Macはソフトウェア・アップデートがリリースされると、手動でアップデートを行うことができます。

ところがAirPodsのファームウェアは手動でアップデートを行うことができません。以前からファームウェアアップデート行われるためには

  • AirPodsが充電ケースに入っている
  • AirPodsのケースが充電中である
  • AirPodsと繋がったiPhone、またはiPadがAirPodsの近くにある

などの条件に当てはまっている必要があると言われています。

ただこれらを満たしていてもすぐに行われるわけでもなく、実際何時間経ってもアップデートされないことも多いようです。

なので「AirPodsをケースに入れて、ケースを充電しながらひたすら待つ」しかないようです。

関連記事