Apple Watchの電池(バッテリー)残量を表示・確認する3つの方法

Apple Watchの電池(バッテリー)残量を表示・確認する3つの方法

iPhoneやiPadでバッテリーの残量をパーセント(%)で表示させる方法
Apple Watch 42mmと38mmどっちがいい?
Apple Watchでスクリーンショットが撮れないときの対処方法

スポンサーリンク

この記事ではApple Watchの電池(バッテリー)の残量を表示・確認する3つの方法を紹介します。

まずはApple Watchを使って確認する方法からご覧ください。

Apple Watchの文字盤で表示・確認する

Apple Watchの文字盤でバッテリー残量を表示させるには、表示している文字盤をグッと押し(3Dタッチ)、カスタマイズをタップ。

バッテリー残量を表示させたいコンプリケーションを選び、デジタルクラウンを回して、バッテリー残量を選択します。

スポンサーリンク

Apple Watchのコントロールセンターで表示・確認する

文字盤のコンプリケーションで電池の残量を表示させるのではなく、コントロールセンターを使って表示させることもできます。

  1. 文字盤を下から上にスワイプ。
  2. コントロールセンターの左上に出てくるのが電池残量です。
  3. 電池残量をタップすると省電力モードのオン/オフをすることができます。

iPhoneで電池の残量を知る

最後にiPhoneでApple Watchのバッテリー残量を知る方法です。

Apple WatchとペアリングされているiPhoneの場合、ホーム画面を左から右にスワイプするとウィジェットの画面でApple Watchのバッテリー残量をチェックします。

  1. ホーム画面を左から右にスワイプ
  2. ウィジェットの画面の一番下にある編集をタップ
  3. バッテリーの右にあるをタップ
  4. 画面右上の完了をタップ
  5. ウィジェットの一番下にバッテリーが追加されます

ちなみにApple WatchなどBluetoothでiPhoneと接続する機器とペアリング状態になっていないと、ウィジェットの追加画面にバッテリーは表示されません。

また一回バッテリーのウィジェットを追加すると、Bluetooth機器とペアリングが解除されてもバッテリーのウィジェットは表示されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENTS