Apple Watchで「省電力モード」にする方法と、その効果

Apple Watchで「省電力モード」にする方法と、その効果

Apple Watch 42mmと38mmどっちがいい?
Apple Watchの名前を変更する(変える)方法
Apple Watchの通知センターを一括で削除する方法

スポンサーリンク

今回はApple Watchで省電力モードにする方法と、省電力モードにすることでどの程度の効果があるのかを紹介していきます。

Apple Watchを省電力モードにする方法

Apple Watchで省電力モードに設定する方法は以下の通りです。

  1. 文字盤の画面で上にスワイプしてコントロールパネルを表示させる
  2. 左1番上にある電池の残量をタップ
  3. 省電力モードをを左から右にスワイプする

するとApple Watchに省電力モードについての注意点が表示されます。

スポンサーリンク

文字が小さいので少し読みにくいかも知れないのでメッセージ内容を書き出してみます。

省電力モードは、現在の時刻を表示する以外の機能をオフにして、バッテリーの寿命を長持ちさせます。

省電力モードを終了するには、サイドボタンを長押しします。

つまりこの省電力モードをオンにすると、Apple Watchはただの超シンプルなデジタル時計になります。他の機能は全く使えません。

Apple Watchの省電力モードを終了する方法

Apple Watchの省電力モードを終了するには、サイドボタンを約7秒ほど長押しするだけです。するとApple Watchは自動的に再起動して、省電力モードが解除されます。

iPhoneのように切り替わるのではなく、再起動が必要なので元の状態に戻すのに多少時間がかかります。

省電力モードにするとApple Watchはどうなる?

Apple Watchを省電力モードにすると、上でも触れましたがApple Watchは時計以外の機能を失います。

Suicaも使えないし、メールやメッセージの通知も来ないし、文字盤を変えることすらできません。黒字に時間が書かれているだけです。

省電力モードの効果はどのくらいあるのか

では、省電力モードにすると電池はどのくらい保つのでしょうか。

スポンサーリンク

GIZMODEが以前、ちょっと興味深い実権をしていました。電池が100%のApple Watchを省電力モードにして、どのくらい電池が保つのか実権しています。

その記事によると、なんと12日間で電池の消耗はたったの19%だったそうです。つまり、1日で1.58%しか電池を消耗しなかったということです。

ということは、単純計算で省電力モードだとApple Watchは63日以上使えるということです。

ただし時間しかわからないただの時計のまま2ヶ月キープする意味がわかりませんけどね。。。

スポンサーリンク

COMMENTS