AirPods Proの本体でできる操作。再生・一時停止・ノイズキャンセリングのオンオフなど

この記事ではAirPods Pro本体で行える操作を紹介します。

AirPods Proを購入したはいいものの操作方法がわからなくなった方の参考になれば幸いです。

AirPods Pro本体で行える操作

スポンサーリンク

以前のAirPodsは本体をダブルタップすることで操作をすることができました。

AirPods Proは操作方法が若干変わり、本体を摘まむことで操作することができます。

次の曲にスキップ2回つまむ
前の曲にスキップ3回つまむ
再生モードを変える長くつまむ変更可
SiriHey Siri変更可

再生モードは変更可能

初期設定では、本体を長くつまむと以下のようにノイズキャンセリングと外部音取り込みを行き来します。

その設定を変えることで、ノイズキャンセリング・外部音取り込み・なしの3つの設定を行き来したり、「ノイズキャンセリングとなし」の2つにすることも可能です。

本体をつまんだときの、再生モードの割り当てを変更する方法は以下の通りです。

AirPodsを摘まんだときの操作を変更する方法 1/2

  1. AirPods ProをiPhoneやiPadに繋ぐ
  2. 設定を開く
  3. Bluetoothをタップ
  4. 自分のデバイスの中からAirPods Proをタップ

  1. AirPodsを押したままにしますの下にある左か右をタップ
  2. 下にスクロースし、ノイズコントロールの中から割り当てたいモードを選ぶ

Siriは本体を長くつまんで起動も可能

Siriの操作は初期設定の状態だとHey Siriという音声操作で行います。

もしHey Siriを使わずにSiriを呼び出したい場合は、AirPods Proの設定を変更をすることで行えるようになります。

AirPodsを摘まんだときの操作を変更する方法 1/2

  1. AirPods ProをiPhoneかiPadに接続する
  2. 設定を開く
  3. Bluetoothをタップ
  4. お使いのAirPods Proにあるをタップ

AirPodsを摘まんだときの操作を変更する方法 2/2

  1. AirPodsを押したままにしますの下にある左か右をタップ
  2. Siriをタップ

以上で設定が変わります。

関連記事