AirPodsを片耳外したときに音楽や映画の再生が止まるのを止める方法

スポンサー・リンク

AirPodsは耳から片方でもAirPodsを外すと自動的に音楽や映画の再生が止まり、再び付け直すと再生が始まります。

この機能すごく便利だと思うこともあるのですが、耳が痒くてAirPodsを外した途端に音楽や映画が止まってしまうのは少し微妙です。

そこでこの記事ではAirPodsを片耳外したときに音楽や映画の再生が止まるのをオフにする方法を紹介します。

AirPodsを外しても再生が止まらないようにする方法

スポンサーリンク

AirPodsを外しても音楽や映画の再生を止めないようにする方法は以下の通りです。

AirPodsの設定はAirPodsで行うのではなく、iPhoneやiPad、Macなどといった端末ごとに自動耳検出という機能をオフにする必要があります。複数の端末を持っている方は面倒かもしれませんが、個別に設定しましょう。

iPhone・iPadで自動耳検出をオフにする方法

iPhone・iPadで自動耳検出機能をオフにするには以下のように行います。

AirPods 片耳外しても再生を止めない方法 iPhone・iPad

  1. AirPodsを繋げる
  2. 設定を開く
  3. Bluetoothをタップ
  4. AirPodsの右にある i をタップ
  5. 自動耳検出オフ

オフにするとすぐに設定はAirPodsに反映され、AirPodsを外しても映画や音楽の再生は止まらなくなります。

AirPodsをダブルタップして「再生/停止」する方法(iOS編)

AirPodsはダブルタップしたときの挙動を変えることで、映画や音楽を再生・停止をダブルタップで制御することができます。

  1. AirPodsを繋げる
  2. 設定を開く
  3. Bluetoothをタップ
  4. AirPodsの右にある i をタップ
  5. AirPodsをダブルタップの左右いずれかをタップ
  6. 再生/一時停止をタップ

Macで自動耳検出をオフにする方法

MacでAirPodsの自動耳検出をオフにする方法はほぼiPhoneやiPadの操作方法と同じです。

  1. AirPodsを繋げる
  2. 画面左上のりんごマークをクリック
  3. システム環境設定をクリック
  4. Bluetoothをクリック
  5. AirPodsの右にあるオプションをクリック
  6. 自動装着検出に付いているチェックを外す

iPhoneやiPadそしてMacで「自動耳検出」と「自動装着検出」と言い回しが違いますが、行うことは同じです。

AirPodsをダブルタップして「再生/停止」する方法(Mac編)

MacでAirPodsをダブルタップしたときの挙動を変えるには上で紹介したBluetoothのAirPodsのオプションをクリックしたあとで変えることができます。

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告