AirPodsやAirPods Proを片耳外したとき、音楽や映画の再生を止めないようにする方法

AirPodsやAirPodsは、片方でも耳から外すと自動的に音楽や映画の再生が止まり、再び着けると再生が始まります。

この機能すごく便利だと感じることもありますが、耳が痒くてAirPodsを外した途端に音楽や映画が止まってしまうのは少し微妙です。

そこでこの記事ではAirPodsを片耳外したときに音楽や映画の再生が止まるのをオフにする方法を紹介します。

AirPodsを外しても再生が止まらないようにする方法

スポンサーリンク

AirPodsを外しても音楽や映画の再生を止めないようにする方法は以下の通りです。

AirPodsの設定はAirPodsで行うのではなく、iPhoneやiPad、Macなどといった端末ごとに自動耳検出という機能をオフにする必要があります。複数の端末を持っている方は面倒かもしれませんが、個別に設定しましょう。

iPhone・iPadで自動耳検出をオフにする方法

iPhone・iPadで自動耳検出機能をオフにするには以下のように行います。
※このスクリーンショットはAirPods Proのものですが、AirPodsでも出てくる画面はほぼ同じです。

AirPodsを耳から外しても動画や音楽を止めない方法

  1. AirPodsを繋げる
  2. 設定を開く
  3. Bluetoothをタップ
  4. AirPodsの右にある i をタップ
  5. 自動耳検出オフ

オフにするとすぐに設定はAirPodsに反映され、AirPodsを外しても映画や音楽の再生は止まらなくなります。

Macで自動耳検出をオフにする方法

MacでAirPodsの自動耳検出をオフにする方法はほぼiPhoneやiPadの操作方法と同じです。

  1. AirPodsを繋げる
  2. 画面左上のりんごマークをクリック
  3. システム環境設定をクリック
  4. Bluetoothをクリック
  5. AirPodsの右にあるオプションをクリック
  6. 自動装着検出に付いているチェックを外す

iPhoneやiPadそしてMacで「自動耳検出」と「自動装着検出」と言い回しが違いますが、行うことは同じです。

AirPodsで音楽や映像を「再生・一時停止」する方法

スポンサーリンク

AirPodsやAirPods Proの「自動耳検出」をオフにしないで、止まってしまった音楽や映像を、AirPods・AirPods Proで再生させることも可能です。

AirPodsで動画や音楽を「再生・一時停止」する方法(iOSで設定)

AirPodsは本体をダブルタップすることで、Siriの起動、再生/一時停止、次のトラック、前のトラックの操作を行うことができます。ただし片耳ずつ1つしか設定できないため、それぞれのイヤホンに操作を割り当てる必要があります。

設定のやり方は以下の通りです。

  1. AirPodsを接続する
  2. 設定を開く
  3. Bluetoothをタップ
  4. AirPodsの右にある i をタップ
  5. AirPodsをダブルタップの左右いずれかをタップ
  6. 再生/一時停止をタップ

AirPods Proで動画や音楽を「再生・一時停止」する方法

AirPods Proは本体を摘まむことで、幾つかの操作を可能にします。その操作というのは以下の通りです。

  • 1回摘まむ … 再生・一時停止
  • 2回摘まむ … 次の曲にスキップ
  • 3回摘まむ … 前の曲にスキップ
  • 長く摘まむ … ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードの切り替え

つまり止まった音楽を再び流したいときは本体を1回摘まむだけでOKです。

関連記事