【Apple Watch】アプリのアップデートをする方法。自動と手動を切り替える方法

この記事ではApple Watchに入っているアプリをアップデートする方法を紹介します。

普段Apple Watchを使っているとアプリのアップデートを気にすることはありません。というのも初期設定ではアプリのアップデートは自動で行うようになっているからです。

もちろんアップデートを手動に変えて、自動アップデートををオフにすることもできるので用途などに合わせて設定しましょう。

Apple Watchのアプリの自動アップデートをオン・オフする方法

スポンサーリンク

それではまずApple Watchにインストールされているアプリの自動アップデートをオフにする、または再びオンにする方法です。

自動アップデートをオフにすると、今後はアプリのアップデートを手動で行う必要があります。アップデートのやり忘れに注意しましょう。手動でアプリをアップデートする方法はこの後紹介します。

ちなみにこのあと紹介するApp Storeの設定で他の端末で新規購入(無料有料問わず)したアプリを自動的にダウンロードする機能をオフにすることもできます。

Apple Watchでアプリの自動アップデートをオフにする方法

それではApple Watchを使ってアプリの自動アップデートをオフにする方法です。

  1. Apple Watchの設定アイコンをタップ
  2. 画面を上にスワイプする(画面の下を表示させる)
  1. App Storeをタップ
  2. 自動アップデートの設定を確認。オンになっていたらオフにする

iPhoneでアプリの自動アップデートをオフにする方法

続いて同じようにApple Watchのアプリの自動アップデートをオフにするiPhoneで行う時の設定方法です。

  1. iPhoneのWatchアプリをタップ
  2. 下にスクロールしてApp Storeをタップ
  3. 自動アップデートの設定を確認。オンになっていたらオフにする

基本的にiPhoneの設定はApple Watchで行う操作と同じです。
個人的にはApple Watchは画面が狭いのでiPhoneから操作をした方が簡単な感じがします。

Apple Watchのアプリを手動でアップデートする方法

スポンサーリンク

続いてApple Watchにインストールされているアプリを手動でアップデートする方法です。

  1. App Storeを開く
  2. 画面を上にスワイプ(画面の下を表示させる)
  1. アカウントをタップ
  2. アップデートをタップ

アップデートをタップした後、アップデート可能なアプリがあるとiPhoneのApp Storeのようにそのアプリが表示されるので、アップデートを行いましょう。

Apple Watchの基礎知識や使い方、ユーザーがよく遭遇するトラブルに関する記事をまとめました。

関連記事