AirPodsの初代(第1世代)と第2世代を見分ける方法

AirPodsの初代と2代目はイヤホンの見た目だけだと全く同じ、区別が付きません。

そのためユーザーの中には自分がAirPods 第1世代を持っているのか、それとも第2世代を持っているのかわからなくなってしまう人たちが多発しています。

そこでこの記事では初代AirPods(第1世代)とAirPods 第2世代を見分ける方法を紹介します。

見た目が全く同じAirPodsの初代と第2世代

スポンサーリンク

AirPodsには第1世代(初代)と第2世代がありますが見た目は全く同じです。

そのため見た目だけではお使いのAirPodsが第1世代なのか第2世代なのか見分けることができません。

そのため型番(モデル番号)で見分けるしかありません。

それぞれの型番(モデル番号)を知る

スポンサーリンク

型番(モデル番号)がどこに記載されているか紹介する前に、それぞれの型番(モデル番号)をお伝えしておきます。

AirPods 第1世代

  • モデル番号:A1523、A1722

AirPods 第2世代

  • モデル番号:A2032、A2031

覚えるポイント

型番を一語一句覚えるのは面倒だと思うので、覚えるポイントだけ覚えておいてください。

「AirPods 第1世代」は「第1世代」なので型番が「A1」から始まり、「AirPods 第2世代」は「第2世代」なので型番が「A2」から始まります。

型番(モデル番号)が書かれている場所

型番(モデル番号)が書かれている場所は4カ所あります。

  • パッケージのラベル
  • 充電ケースの蓋を開けたところ
  • AirPodsの本体
  • iPhoneやiPadの設定画面

パッケージのラベル

パッケージのラベルには、英語で「Model」の後に書かれています。パッケージの字自体はそんなに小さくはありません。

充電ケースの蓋を開けたところ・AirPods本体

充電ケースの蓋を開けたところ、それとAirPods本体に、ものすごく、本当にものすごく小さな字で型番が書かれています。

ただこの字はものすごく小さいです。僕は視力がすごくいいのですが、それでも読むのは大変です。虫眼鏡を使ってみることをお勧めします。

iPhone・iPadなどの設定から見る

最後に紹介する方法が一番簡単です。iPhoneやiPadなどの設定から確認します。

型番を知りたいときは過去にAirPodsを接続したことがあるiPhoneやiPadを使いましょう。

  1. iPhoneやiPadの設定を開く
  2. Bluetoothをタップ
  3. 型番を知りたいAirPodsの横にあるをタップ
  4. モデル番号(型番)が記載されています

この型番が「A1」から始まれば第1世代。「A2」から始まったら「第2世代」ということですね。

関連記事