iPhoneやiPadが4G・LTEに繋がらないときの対処方法

自分のiPhoneやセルラーモデルのiPadが、今まで普通に4G(LTE)で繋がっていたのに、気が付いたらなぜか3G回線になってしまう。そんな経験したことありませんか?

特に何も使っていないときならそれでも良いのですが、動画を視聴していたりFaceTimeやSkypeをしたいときに3G回線だと遅延が発生することもあるので、ぜひ4Gにしたいところです。

そこで、この記事ではiPhone・iPadが突然4G(LTE)回線に繋がらなくなったとき、どうすれば4G回線に繋ぐことができるのか?を紹介します。

原因がiPhone・iPad以外の可能性も

スポンサーリンク

最初に理解しておいていただきたいのは、4G(LTE)に繋がらないのは「必ずしもお使いのiPhoneやiPadに原因があるわけではない」ということです。

むしろそれよりも回線の状況に左右されることが多いです。

例えば

  • 利用者が多い時間帯で通信が混み合っている
  • ネットワーク障害が発生している

こういった回線の事情で4Gに繋がらないこともあります。この場合は自分だけでなく周りの人も繋がっていない可能性が高いので、周りの人に「4G繋がってる?」とか「ネット遅くない?」と聞いてみてもいいかもしれません。

また建物の地下や、窓がなく壁で囲まれた部屋(トイレとかお風呂場とか)、郊外では4G(LTE)にならないことがあります。4Gに繋がらないどころか3Gも不安定だったり繋がらないかもしれません。

こういった場合は「場所」が悪いので、屋外に出るか窓辺に行くことをオススメします。

4G(LTE)に繋がらないときの対処方法

スポンサーリンク

今度は他の人たちの4Gは繋がっているのに、自分だけ突然繋がらなくなってしまったときの対処方法を紹介します。

といっても、できることは意外と大してありません。

繋ぎ直してみる

Wi-Fiでもよくあるのですが、今まで普通に繋がっていたのにあるとき突然繋がらなくなったり、通信が遅くなってしまった場合は以下の2つを試してみると解決することが多いです。

  • 機内モードオンにして、少し待ってオフにする
  • 端末を再起動する

機内モードのオンオフはコントロールセンターから行うか、設定機内モードオンにし、1-2分待った後ふたたびオフにするだけです。

iPhone・iPadの再起動のやり方は端末によって若干異なりますので、やり方がわからない方は書きの記事をご覧ください。

参考記事

モバイルデータ通信が「オフ」や「4G」以外になっている可能性がある

iOSやiPadOSをアップデートしたタイミングに時々起こるのが、「モバイルデータ通信が勝手にオフ」になっていたり、「4G以外の設定になっている」という謎の症状です。

これがバグなのか、何かの仕様なのかわかりませんが、いきなり4Gをオフにされたら一般の利用者にはなぜそうなったのかわからず困惑すること間違い有りません。

モバイル通信がオフになっているかどうかを確認する方法は

  1. 設定を開く
  2. モバイル通信をタップ
  3. 画面一番上のモバイル通信オフになっていたらオン

以上です。

もしモバイル通信オンになっている場合は、試しに一旦オフにして1-2分後にオンに戻してみましょう。

関連記事