AirPodsを片方だけ追加購入して、設定する方法

AirPodsやAirPods Proの片方だけが壊れてしまったり、失くしてしまったときは新たに片方だけ購入することができます。

でも追加して買ったAirPodsを何も設定しないでそのまま耳につけて使えるか?というと、使うことができません。

設定する必要があります。といってもすごく簡単な操作です。

そこでこの記事ではAirPodsを片方だけ追加購入した時に、使えるようにする設定方法を紹介します。

片方買ったAirPodsを設定する方法

スポンサーリンク

片方だけAirPodsやAirPods Proを入手して使えるようにするには、お使いのAirPodsと新たに購入したAirPodsをリセットして、再設定させてあげる必要があります。

再設定する前に確認しておきたいこと

AirPodsをリセットして再設定する前に確認しておきたいことが2つあります。それは充電ケースにある「ランプ(ライト)」と「ボタン」の位置です。

ランプはお使いのAirPodsによって場所が違います。

  • AirPods(初代) … 充電ケースを開けた左右のAirPodsの間
  • AirPods(第2世代) … 充電ケースの前面
  • AirPods Pro … 第2世代同様、充電ケースの前面

上のケースはAirPods Proなので充電ケースの前面にあります。

またリセットを行う際に押すボタンは全ての端末共通で充電ケースの後ろ側(蓋のヒンジがある方)にあります。

AirPodsを一度リセットする

AirPodsをリセットする方法は以下の通りです。

  1. 左右のAirPodsを充電ケースの中に入れる
  2. 充電ケースの蓋を一度閉める
  3. 充電ケースの蓋を開ける
  4. 本体のランプがオレンジ色に点滅しているのを確認する
  5. 充電ケースのボタンを押して白く点滅したら指を離す

これでリセットが完了して、左右のAirPodsが工場出荷時と同じ状態になりました。

充電ケースのランプが白く点滅しなかったら

もし充電ケースのボタンを長押ししてもランプが白く点滅しなかったら、つまりオレンジ色のランプが点灯し続けたら、以下のことを試した上でもう一度やり直してみてください。

  • 左右のAirPodsを一度取り出して、もう一度ケースに戻す
  • 充電ケースを電源に挿して蓋を閉めたまま20分ほど置いておく(充電する)

これによってAirPodsが充電ケースにきちんと入っていなかった可能性と、AirPodsがきちんと充電されていなかった可能性を消します。

AirPodsを再設定する

リセットされたAirPodsを再び使えるようにするには再度iPhoneやiPad、Macとペアリングさせる必要があります。

iPhoneやiPadとペアリングさせる

iPhoneやiPadとペアリングさせる方法は以下の通りです。

  1. AirPodsの充電ケースの蓋を開ける。※この時AirPodsは充電ケースから取り出さない
  2. AirPodsのケースをiPhoneやiPadに近づける
  3. 設定画面がiPhone・iPadに表示されるので、接続をタップ

以上で設定は完了です。

Macやそれ以外の端末と接続する方法

iPhoneとiPad以外とAirPodsを接続させたい時は、一般的なBluetoothの機器を接続するのと同じ方法で接続させます。

関連記事