Apple Watchの電源を切る(終了する)方法と再起動のやり方

この記事ではApple Watchの終了方法と再起動のやり方を紹介します。

アプリの調子がちょっと悪い時。Apple Watchの動作が重く感じる時に再起動を行うと解決することが多いので是非試してみてください。

再起動のやり方はとても簡単です。iPhoneの終了方法や再起動のやり方とほとんど変わりませんので、すぐに覚えられるはずです。

Apple Watchを終了させる方法

スポンサーリンク

Apple Watchを終了させる方法は

  1. サイドボタンを長押し
  2. 電源オフメディカルID緊急SOSと表示されるので電源オフを右にスワイプ

たったこれだけです。iPhoneやiPadの操作とほぼ同じなのでわかりやすいですね。

Apple Watchを再起動する方法

スポンサーリンク

MacやWindowsには再起動というメニューがあるので、そのメニューをクリックするだけでパソコンが終了し、そのあと自動的にでパソコンが起動してくれます。

ところがiPhoneやiPad、さらにApple Watchには再起動という概念がありません。端末の電源を落とした後、再び電源を入れるのが再起動です。

ちなみにApple Watchは充電中は再起動ができません。充電中に再起動を行う場合は、充電器から外すようにしましょう。

Apple Watchを強制的に再起動する方法

もし、通常のApple Watchの終了や再起動がうまくできない時は強制再起動を試してみましょう。

Apple Watchの基礎知識や使い方、ユーザーがよく遭遇するトラブルに関する記事をまとめました。

関連記事