iPhone・iPadの使い方

iPhoneの勝手に付いたライト(懐中電灯)を瞬時に消す方法

スポンサーリンク

iPhoneを使っていて、勝手にライト(懐中電灯)が付いていることありませんか?

向かいに座っている人が「眩しい」という顔をして「何だろう?」と思うと、iPhoneが付いている。そんなときどんな風にライトを消しますか?

コントロールセンターを開いてライトのボタンを押して。。という方法もあるんですけど、それよりももっと簡単で、もっと早く、瞬時にライトを消す方法を紹介します。

iPhoneの懐中電灯を一瞬でオフにする方法

iPhoneのライトを消したいとき、よく使われている消し方は以下の2パターンです。

  1. ロック画面の左下にあるライトのアイコンを3Dタッチ(グッと長押し)して消す
  2. コントロールセンターを開いてライトのアイコンをタップする

どちらも間違いではありませんが、実はもう1つ手軽にライトを消す方法があるんです。

それは「カメラを起動する」です。

スポンサーリンク

普通に使っているとなかなか気が付かないかもしれませんが、iPhoneのライト(懐中電灯)はカメラを起動すると、勝手にオフになるように作られています。

その機能を利用すると一瞬で、手間をかけずにライトを消すことができるんです。そのやり方というのは

  1. iPhoneをロックする
  2. 画面を1cmくらい左にスワイプする
  3. 手を離す

たったこれだけです。秒数でいったら1秒かかりません。しかも難しくありません。

普段ならロック画面を左にスワイプするとカメラが起動しますが、1cm左にスワイプするだけではカメラは起動せず、再びロック画面に戻ります。そこを利用したワザです。

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。