何が変わった?iOS 15.3・iPadOS 15.3がリリース

スポンサーリンク

Appleは2022年1月27日、iOS・iPadOSの最新版「iOS 15.3」と「iPadOS 15.3」をリリースしました。

この記事ではiOS 15.3とiPadOS 15.3で何が変わったのか?を紹介していきます。

バグ修正とセキュリティアップデート

今回のアップデートについて、セキュリティーアップデートとバグ修正以外は行われていません。

つまり今回のアップデートで新機能は追加されないということです。

多くのセキュリティの脆弱性が修正されています。
中でもGoogle IDなどの個人情報や閲覧履歴が抜かれてしまうというSafariのバグが修正されています。

詳細はAppleのサポートページ(英語)にありますので、興味がある方はそちらをご覧ください。

スポンサーリンク

それ以外にも「バグが修正された」とありますが、具体的に何が修正されたのか明記されていないため分かりません。

今回はアップデートしなくても良い?

新機能の追加はないし、セキュリティーとかバグの修正しか行われていないため、一見地味なアップデートに思われるかもしれません。

セキュリティアップデートは地味に見えますが、ユーザーの個人情報を守るという視点で見ると、とても大切なアップデートです。

今回Safariの脆弱性として明らかになったGoogle IDなどの個人情報や閲覧履歴が抜かれてしまうバグは、Safariだけでなくアプリ内のブラウザを使うときも影響されます。

「俺Safari使わないから関係ない」ではなく、必ずアップデートしておくようにしましょう。

ソフトウェア・アップデートをする方法

ソフトウェア・アップデートをする方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールして一般をタップ
  3. ソフトウェア・アップデートをタップ

スポンサーリンク

アップデートがある場合は上記の画面にアップデート表示されますので、画面の指示に従ってアップデートを行ってください。

ソフトウェア・アップデートに関する記事