何が変わった?iOS 15.4.1・iPadOS 15.4.1がリリース

スポンサーリンク

Appleは2022年4月1日、iOS 15.4.1とiPadOS 15.4.1をリリースしました。

この記事ではそれぞれのOSで何がアップデートされたのか、何が改善されたのか?について紹介します。

iOS 15.4.1とiPadOS 15.4.1は何が変わった?

Appleのリリースノートによると、今回リリースされたiOS 15.4.1とiPadOS 15.4.1はiOS・iPadOSともに同じ内容のアップデートとなっています。

  • iPadOS 15.4にアップデートしたあと、バッテリーが予想よりも早く消耗する可能性がある問題
  • テキストナビゲートまたは通知表示中に点字デバイスが反応しなくなる可能性がある問題
  • “Made for iPhone” または “Made for iPad”の補聴器で一部の他社製Appとの接続が解除される可能性がある問題
  • セキュリティーアップデート 詳細:Apple Support

つまり今回のアップデートはこれまでiPhone・iPadを使っていて「バッテリーの消耗が前より早い」と感じていた人にとって大きなメリットがあるかもしれません。

その他、リリースノートに記載されないような軽微な改良やバグ修正が行われることもあるので、使っていて不具合があると感じている方はアップデートしてもいいのかもしれません。もちろんそのバグが直っている保証はありませんが。

スポンサーリンク

アップデート後は「1度再起動」がオススメ

iOS・iPadOSのアップデート後、いつも使える機能が使えなくなっていることがあります。

例えばアップデート後に通知が来なくなるのは「アップデートあるある」なくらいよく起こります。他にもiPhone・iPadとMacのクリップボードを共有する「ユニバーサル・クリップボード」が機能していなかったり、Handoffが使えなかったり。

そんなときはiOS・iPadOSのアップデート後、もう一度端末の再起動を行ってみてください。それで問題が解決することが多いです。

ソフトウェア・アップデートをする方法

ソフトウェア・アップデートをする方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールして一般をタップ
  3. ソフトウェア・アップデートをタップ

アップデートがある場合は上記の画面にアップデート表示されますので、画面の指示に従ってアップデートを行ってください。

ソフトウェア・アップデートに関する記事

スポンサーリンク