何が変わった?iOS 15.6.1・iPadOS 15.6.1がリリースに

スポンサーリンク

Appleは2022年8月18日、iOSとiPadOSの最新版「iOS 15.6.1」と「iPadOS 15.6.1」をリリースしました。

この記事ではiOS 15.6.1とiPadOS 15.6.1で何が変わったのか、何がアップデートされたのかを紹介します。

iOS 15.6.1とiPadOS 15.6.1はセキュリティーアップデート

今回リリースされたiOS 15.6.1とiPadOS 15.6.1はKernel(カーネル)とWebKitに関するセキュリティーアップデートです。

カーネルのセキュリティーアップデートでは、カーネルの権限でににのコードが実行されるという脆弱性が修正されました。

対象のiPhoneはiPhone 6s以降。iPadはiPad Proが全モデル、iPad Air 2以降、iPad第5世代以降、iPad mini 4以降、iPod touch 第7世代以降となっています。

そしてWebKitは悪意のあるウェブコンテンツに仕組まれた特定のコードが実行されてしまう可能性があるという脆弱性が修正されました。

スポンサーリンク

対象機種はカーネルの脆弱性同様、iPhoneはiPhone 6s以降。iPadはiPad Proが全モデル、iPad Air 2以降、iPad第5世代以降、iPad mini 4以降、iPod touch 第7世代以降となっています。

それぞれの詳細についてはAppleサポートページ(英語)に記載があります。

「地味」と思わずアップデートしておきましょう

今回のアップデートは新しい機能が追加されていません。悪意あるウェブサイトやアプリから身を守るためのセキュリティーアップデートです。

新しい機能がないとアップデートしない人もいますが、日々iPhone・iPadを安心、安全に使うためにアップデートしておきましょう。

ソフトウェア・アップデートをする方法

ソフトウェア・アップデートをする方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールして一般をタップ
  3. ソフトウェア・アップデートをタップ

アップデートがある場合は上記の画面にアップデート表示されますので、画面の指示に従ってアップデートを行ってください。

スポンサーリンク

ソフトウェア・アップデートに関する記事