何が変わった?iOS 16.0.3がリリース

スポンサーリンク

Appleは2022年10月11日、iOS 16.0.3をリリースしました。

この記事ではiOS 16.0.3の変更点をまとめて紹介します。先に触れておくと今回のアップデートはバグの修正とセキュリティアップデートです。

新機能の追加はありませんが、すでにiOS 16にアップデートしている方は多くのバグが修正され、セキュリティーも向上しているのでアップデートしておきましょう。

iOS 16にまだアップデートしていない方で「様子見」をしている方は、今回のアップデートくらいからiOS 16にしても良いかもしれません。

iOS 16.0.3の変更点

iOS 16.0.3では以下のバグ修正とセキュリティアップデートが行われています。

まずAppleが明らかにしているバグの修正は以下の通りです。

スポンサーリンク

  • iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxで着信やAppの通知が遅延、または届かないことがある問題
  • iPhone 14モデルでCarPlayでの通話中にマイクの音量が下がることがある問題
  • iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxでカメラの起動やモード間の切り替えに時間がかかることがある問題

またセキュリティーアップデートとして以下の修正をAppleは明らかにしています。

  • 不正なメールの受信後、“メール”が起動時にクラッシュする問題

セキュリティーアップデートについてはApple Supportのページをご覧ください。

iPhone 14以外の人もぜひアップデートを

今回のアップデートはアップデート内容だけを見るとiPhone 14を持っていない人は関係がないように思えるかもしれませんが、そんなことありません。

なぜかというとAppleはアップデート内容をすべて明らかにせず、多くのバグ修正やセキュリティアップデートを行っているからです。

すでにiOS 16にアップデートしている方はぜひアップデートしておきましょう。

またiOS 16へのアップデートを様子見している方は、そろそろアップデートしても良いかもしれません。

スポンサーリンク

アップデート後は「1度再起動」がオススメ

iOS・iPadOSのアップデート後、いつも使える機能が使えなくなっていることがあります。

例えばアップデート後に通知が来なくなるのは「アップデートあるある」なくらいよく起こります。他にもiPhone・iPadとMacのクリップボードを共有する「ユニバーサル・クリップボード」が機能していなかったり、Handoffが使えなかったり。

そんなときはiOS・iPadOSのアップデート後、もう一度端末の再起動を行ってみてください。それで問題が解決することが多いです。

ソフトウェア・アップデートをする方法

ソフトウェア・アップデートをする方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールして一般をタップ
  3. ソフトウェア・アップデートをタップ

アップデートがある場合は上記の画面にアップデート表示されますので、画面の指示に従ってアップデートを行ってください。

ソフトウェア・アップデートに関する記事

スポンサーリンク