iOS・iPadOS 14.0.1がリリース。様々なバグが修正される

iOS 14とiPadOS 14がリリースされて約1週間経った本日9月25日、iOS 14.0.1とiPadOS 14.0.1がリリースされました。

この記事ではiOS 14.0.1とiPadOS 14.0.1で何が変わったのかについてまとめて紹介します。

今回のアップデートはバグ修正のみ

スポンサーリンク

今回のアップデートは14.0から14.0.1へのリビジョンアップデート呼ばれるアップデートです。

「リビジョンアップデート」というのは基本的に新規の機能追加はなく、iOS 14とiPadOS 14で確認されているバグの修正やパフォーマンスの向上が目的のものです。

そのためiOS 14やiPadOS 14をすでにインストールしていて、バグで困っている方はアップデートして損はありません。

iOS 14やiPadOS 14をまだ入れていない方で「ある程度バグが修正されたら入れよう」と思っている方は、今回の14.0.1を入れてもいいのですが、もう1回くらい見送ってもいいのかもしれません。

それではiOS 14.0.1とiPadOS 14.0.1のアップデート内容をみていきましょう。

iOS 14.0.1とiPadOS 14.0.1で共通する修正点

まず初めにiPhoneとiPadで共通する修正点です。

  • iPhone・iPadの再起動後にブラウザとメールのデフォルト設定がリセットされる可能性がある問題を修正
  • iPhone・iPadがWi-Fiネットワークに接続できない可能性がある問題を修正
  • 一部のメールプロバイダでメールが送信できない可能性がある問題を解決
  • Newsウィジェットで画像が表示されない可能性がある問題を対処

合わせてセキュリティコンテンツについては「Apple セキュリティアップデート – Apple サポート」で確認することができます。

ちなみにiPadだけの修正点はありません

iPhoneのみで適応される修正点

  • iPhone 7とiPhone 7 Plusでカメラのプレビューが表示されない可能性がある問題に対処

ソフトウェアアップデートにまつわる関連記事

スポンサーリンク

関連記事