何が変わった!? iOS 14.4・iPadOS 14.4リリース

スポンサーリンク

2021年1月27日、iOS 14.4とiPadOS 14.4がリリースされました。
そこでこの記事ではそれぞれの共通する変更点と、それぞれ個別の変更点をまとめて紹介します。

iOS 14とiPadOS 14の変更点と修正点まとめ

この記事ではiPhoneとiPadの両方を持っている方のためにiOS 14.4の変更点と修正点、そしてiPadOS 14.4の変更点と修正点を別々に紹介するのではなく、共通する項目と各OS独自の変更点と修正点を分けて紹介します。

iOS 14.4とiPadOS 14.4で共通する変更点と修正点

まず初めにiOS 14.4とiPadOS 14.4で共通する変更点から紹介します。

  • より小さなQRコードを認識可能
  • 設定でBluetoothデバイスの種類を分類するオプションにより、音声通知の送信先のヘッドフォンを正しく識別

スポンサーリンク

また下記の不具合が修正されています。

  • タイプ入力の反応が遅くなる場合や、単語の候補がキーボードに表示されない場合がある問題
  • で正しい言語のキーボードが呼び出されないことがある問題

iOS 14.4だけの変更点・修正点

続いてiOS 14.4だけの変更点です。

  • Phone12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、およびiPhone 12 ProMaxのカメラが新しい正規のApple製カメラとして確認できない場合に通知

他にも下記の不具合が修正されています。

  • iPhone 12 Proで撮影したHDR写真に画像のアーティファクトが現れることがある問題
  • フィットネスウィジェットに最新のアクティビティデータが表示されないことがある問題
  • アクセシビリティでスイッチコントロールを有効にすると、ロック画面から電話に応答できなくなる場合がある問題

iPadOS 14.4だけの変更点・修正点

スポンサーリンク

今回のアップデートではiOS 14.4だけの変更点はありません。iOSとiPadOS共通の変更点・修正点だけが適応されます。

まとめ:非常に地味なアップデート

今回のアップデートは非常に地味ではありますが、文字入力を多くする方はiOS 14.3やiPadOS 14.3でタイプ入力の反応が遅くなったことにストレスを感じていた方にとってかなり朗報です。

また変更点では明記されない細かいバグの修正やパフォーマンスの向上も見直されている可能性が高いので、iOS 14・iPadOS 14を入れている方はアップデートしておいて損はなさそうです。

ソフトウェア・アップデートに関する記事

関連記事