何が変わった?iOS 14.7・iPadOS 14.7がリリース【更新】

スポンサーリンク

この記事では2021年7月20日にリリースされたiOS 14.7、そして2日遅れでリリースされたiPadOS 14.7のアップデート内容を紹介します。

iOS 14.7・iPadOS 14.7は大きな新機能の追加はなく、基本的にバグの修正や既存の機能の対応地域が増えるなどがメインです。

とはいえバグの修正がされているのでiOS 14シリーズを入れている方はアップデートしておいた方が良さそうです。

iOS 14.7・iPadOS 14.7は何が変わった?アップデートの内容

この記事ではiPhone・iPadの両方を持っている人が何がアップデートされたかわかりやすいように「iOS・iPadOS共通のアップデート内容」と「iOS・iPadOSそれぞれおアップデート内容」を分けて紹介しています。

iOS 14.7とiPadOS 14.7で共通するアップデート内容

スポンサーリンク

まず初めにiOS 14.7とiPadOS 14.7の共通するアップデート内容です。

  • HomePodのタイマーを管理する機能がホームAppに追加
  • Podcastライブラリで、すべての番組を表示するか、フォローしている番組のみを表示するかを選択可能

また以下のバグ修正も行われています。

  • Apple Musicプレイリストを共有メニューオプションが表示されない問題
  • Apple Musicのロスレスオーディオとドルビーアトモスの再生が予期せず停止することがある問題
  • メールメッセージを作成していると点字ディスプレイに無効な情報が表示される可能性がある問題

iOS 14.7のみアップデートされた内容

以下がiOS 14.7のみで適応されたアップデート内容です。

  • iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro MaxでのMagSafeバッテリーパックの使用に対応
  • 天気マップでカナダ、フランス、イタリア、オランダ、韓国、スペインの空気質の情報が利用可能

そして以下がバグ修正です。

スポンサーリンク

  • 一部のiPhone 11モデルで、再起動後に表示されなくなっていたバッテリーサービスのメッセージを復元

iPadOS 14.7のみアップデートされた内容

iPadOS 14.7のみでアップデートされた内容は以下の通りです。といっても新しい機能の追加はなく、バグの修正のみとなっています。

  • iPadでUSB-C-3.5mmヘッドフォンジャックアダプタを使用すると、オーディオがスキップする場合がある問題

ソフトウェア・アップデートに関する記事

関連記事