HomePod miniを売ってGoogle Nest Audioにした

スポンサーリンク

先日、1ヶ月ほど使ったHomePod miniを売却して、Google Nest Audioに変えました。

この記事ではHomePod miniからGoogle Nest Audioに変えてよかったこと、イマイチだったことを記事としてまとめていきます。

この記事自体はHomePodにあった不満がどう解消されたのか?について触れた記事です。Google Nest Audio自体のレビューは別で書きます。その点ご了承ください。

HomePod miniで不満だったことが全て解消された

まず初めにHomePod miniを使ってきて不満だったことを書き出しておきます。詳しくは以前別で記事を書いていますので、そちらをご覧いただければと思います。

不満点は主に3つです。

スポンサーリンク

  • Hey Siriで流せる音楽はApple Musicのみ
  • Bluetooth接続ではなくAirPlay接続という独自規格なので、接続できる機器に制限がある
  • 一部のアプリの映像をテレビとHomePod miniで再生すると音声と音のズレ(遅延)がすごい

Google Nest Audioは複数の音楽配信サービスに対応

HomePod miniはHey Siriで使える音楽配信サービスがApple Musicのみに対応していました。

ところが僕はYoutube Musicを使っています。理由は簡単でYoutube Premiumを使っているからです。

HomePod miniを快適に使うためにApple Musicを契約して毎月約1000円、年間で12,000円弱を払う気にはなれませんでした。

その点、Google Home NestならYoutube MusicやSpotify、Pandra、さらにApple Musicの曲を「OK Google」のコマンドで聞くことができます。

Bluetooth接続ができる

そして2つ目はHomePod miniに接続するにはAirPlayに対応してなければなりません。

スポンサーリンク

つまりHomePod miniから音を出せる端末は限られてきます。iPhoneやiPad、Mac、Apple TVなどのApple製品はもちろん対応していますが、WindowsやAndroidの場合はAirPlayに対応したアプリを使う必要があります。

AirPlayだけ対応ということは一般的なBluetoothスピーカーとして繋げられないということです。正直不便です。

それもGoogle Nest Audioなら全く問題なくBluetooth接続することができます。

注意点:時間が経つとBluetoothが勝手に解除される

Google Nest Audioの問題なのかAppleTVの問題なのかわかりませんが、Google Nest AudioをApple TVにBluetoothで繋げた時、時間が経つと勝手にBluetoothの接続が切れていました。

これがどのくらいの頻度で、どんなタイミングで切れるのかはっきりわかりませんが、イメージ的には1日1回は接続し直しが必要です。

音ズレは「ほぼ」ない

一部のアプリの映像を見たい時、映像はApple TV経由でテレビに、音声をAppleTV経由でHomePod miniで流そうとするとものすごい遅延が発生しました。

この問題もGoogle Nest Audioは全く問題ありませんでした。映像はApple TV経由でテレビに。音声はGoogle Nest AudioをApple TVにBluetoothで接続したら遅延はほぼゼロで再生されました。

スポンサーリンク

Googleアシスタントの方が賢い

実は初めてGoogleアシスタントを使ったのですが、Siriよりもだいぶ賢いです。

天気予報など一つ一つの情報を細かく教えてくれたり、色々な言い回しでOK Googleのコマンドが通ります。

またOK Googleといった時とHey Siriといった時の反応の良さもGoogle Nest Audioに軍配が上がります。

HomePod miniの方が良かったこと

これまでHomePod miniで抱えてきた不満が解消されたことを書いてきましたが、HomePod miniの方が良かったこともありました。

アプリの使いやすさ

Google Nest Audioを管理するGoogle AssistantやGoogle HomeとHomePod miniを管理するHomeで使いやすいのはAppleのHomeでした。

スポンサーリンク

HomePod miniはアラームやタイマーで通知音を変えられますが、Google Nest Audioは変えられません。
他にもHomePod miniはアラームをスイッチでオンオフできますが、Google Nest Audioはオフ=削除なので、再度同じアラームを設定したい時は0から再設定です。

この辺はiPhoneとかiPadで使おうとしてるからアプリが使いにくいのであって、Androidスマホだったら解消されるのかもしれませんが、我が家にはAndroidスマホがないので検証できませんでした。

給電方式が違う

HomePod miniはUSB-Cで給電できます。ところがGoogle Nest AudioはACアダプタから給電します。

もしGoogle Nest AudioがUSBで給電できたら、車の中に持ち込んだり外出先、キャンプの時とかピクニックする時にも使いやすかったのに。。と少し残念です。

個人的にはGoogle Nest Audioにして大正解

僕はApple製品がすごく好きなので、iPhone・iPad・MacBook Pro・Apple Watchを使っています。
なのでできればHomePod miniを使いたかったのですが、あまりにも不満が多く手放しました。

今後こういった不満点が解消されれば再びHomePod miniを買うかもしれませんが、雰囲気的にAppleは独自規格で走りがちなので、改善されないような気がしています。

スポンサーリンク

そう考えた時、音楽プレーヤーを選べたり、多くの端末と接続ができるGoogle Nest Audioの方が使い勝手が良さそうです。

それと音声操作の完成度もGoogle Nest Audioの方が高く満足度が高いです。プライバシーの問題もあるのでHey Siriが大幅に成長するのは難しいのかもしれませんが、もう少しもう少しなんとかして欲しいものです。

Google Nest Audioに興味がある方はGoogleの公式ページで商品の詳細を見たり、各メディアが掲載しているレビューをチェックしてみることをお勧めします。

関連記事