【iOS 15】新機能「プライベートリレー」とは?オフにする方法

スポンサーリンク

この記事ではiOS 15・iPadOS 15の新機能「プライベートリレー」とはいったいどんな機能なのか、また設定方法を紹介します。

正直iCloudの有料プランを使っている人なら、このプライベートリレーのためだけにiOS 15・iPadOS 15にアップデートしたり、メインのブラウザをSafariに変えても良いのでは?と思えるほどスゴい機能なんです。

新機能「プライベートリレー」とはいったいどんな機能?

「プライベートリレー」はセキュリティー機能の1つです。

細かい説明はここでは省きますが、従来ユーザーがインターネットを行うだけで以下の情報が外部に漏れています。

  • 閲覧中のウェブサイトがわかること:誰が見に来たか
  • 自宅や職場、外出先のWi-Fiルーターがわかること:誰が何を閲覧したか

スポンサーリンク

Appleが提供するプライベートリレーをオンにすることで、これらの情報が閲覧中のウェブサイトやWi-Fiルーターなどのネットワーク機器で把握できなくなります。

しかもサービスを提供しているAppleもあなたが何を閲覧したのかわかりません。

VPNの代わりになるのか

プライベートリレーをオンにすることで、VPNが不要になるのか?というと、それは利用目的によって変わってきます。

プライベートリレーは位置情報を「だいたいの位置情報」に変えてくれますが、国をまたいで変えることはありません。

つまり今まで「東京都杉並区阿佐ヶ谷北」からアクセスがあるとわかっていたものを「東京都杉並区」または「東京都」とぼやかす程度です。
※どのくらい位置情報を広範囲にするのかは、リリースされてみないとわかりません。

一方、VPNは国さえ変えることが出来ます。そのため海外在住の人が日本のサービスを利用したり、日本在住の人が海外のサービスを利用したいときはVPNを使う必要があります。

ただしVPNはあなたがどこへアクセスしたのか把握しているので、そういう意味でいうとVPNよりプライベートリレーのほうがセキュリティーが高いと言えます。特にVPNによってはあなたの情報を抜き取っている可能性もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

それともう一つ。
今の段階ではプライベートリレーはSafariのみで利用可能で、それ以外のブラウザやアプリで使うことができません。Safari以外で使いたい場合はVPNを使う必要があります。

プライベート利用について通信会社各社が注意喚起

プライベートリレーの利用に関してドコモやソフトバンクなどの通信会社が注意喚起を行っています。

プライベートリレーをオンにすることで「SNS動画放題」などデータ消費が正確に行えなくなったり、サービスの利用に制限が発生することがあるようです。

「安全にプライベートリレーを使える」ことが確認取れるまで、プライベートリレーはオフにした方がいいかもしれません。

プライベートリレーをオンにする、またはオフにする方法

プライベートリレーを使うための条件

最初にプライベートリレーを使うための条件について触れておきます。

スポンサーリンク

プライベートリレーを使うためにはiCloudの有料プランに入っている必要があります。これまで有料版を使っている人は追加料金なく使えます。

逆にこれまでiCloudの有料版を使っていなくてプライベートリレーを使いたい場合はiCloudの有料プラン’に加入する必要があります。一番安いプランは130円/月で、50GBのiCloudストレージも使うことが出来るようになります。

そしてもう一つはSafariを使うことです。ChromeやMicrosoft Edgeなどのブラウザや、それ以外のアプリではプライベートリレーは使えません。

プライベートリレーをオン・オフする方法

それではプライベートリレーをオンにする方法を紹介します。

iPhone・iPadの場合

  1. 設定を開く
  2. 画面上部のApple IDのアイコンをタップ
  3. iCloudをタップ
  4. プライベートリレー(ベータ版)をタップ
  5. プライベートリレー(ベータ版)オンまたはオフ

プライベートリレーをオフにしたいときは上記の操作で「オン」を「オフ」にするだけです。

Macの場合

  1. システム環境設定を開く
  2. Apple IDをクリック
  3. iCloudをクリック
  4. プライベートリレー(ベータ版)にチェックを入れる

スポンサーリンク

プライベートリレーのIPアドレスの位置情報を変える方法

プライベートリレーではIPアドレスの位置情報の設定を変えることができます。

  1. おおよその位置情報を保持
  2. 国と時間帯を使用

これら2つは「1」が自分の現在地を詳細にせずだいたいの位置情報を使い、「2」は基本的に「国」のみが使われます。

設定は上記のプライベートリレーのオンオフを変える画面から行えます。

  1. 設定を開く
  2. 画面上部のApple IDのアイコンをタップ
  3. iCloudをタップ
  4. プライベートリレーをタップ
  5. IPアドレス位置情報をタップ

次の画面で「おおよその位置情報を保持」と「国と時間帯を使用」を選ぶことができるので、好みの設定に変えましょう。

iOS 15・iPadOS 15の新機能の使い方

スポンサーリンク

関連記事