【iPhone・iPad】Safariの画面上部やタブバー・アドレスバーの色を変えないようにする方法(iOS 15・iPadOS 15)

スポンサーリンク

2021年9月21日にリリースされたiOS 15やiPadOSのSafariは表示中のウェブサイトの色に合わせて、画面の上部やタブバー(アドレスバー)の背景色が変わります。

閲覧中のページごとに画面上部やタブバーの色が変わるのは見た目の印象が変わるので「アップデートした」という感じがスゴくするのですが、好みや用途によっては「色を変えたくない」という方もいるはずです。

そんなときは色を変える設定をオフにしてあげましょう。

Safariの画面上部・タブバー・アドレスバーの色を変えないようにする方法

それではSafariの画面上部やタブバー・アドレスバーの色を変えない方法を見ていきましょう。

iPhoneの場合

スポンサーリンク

iPhoneの場合、色が変わるのは画面の上部、時計やWi-Fi・バッテリーなどのアイコンがあるエリアのみです。

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてSafariをタップ
  3. 下にスクロールしてWebサイトの色合い調整を許可オフにする

iPadの場合

iPadはアドレスバーやタブが並ぶタブバーなどウェブページの表示エリア以外の色がすべて、表示しているウェブサイトに合わせた色に変わります。

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてSafariをタップ
  3. 下にスクロールしてタブでカラーを表示オフにする

以上で従来通りの表示に戻すことができました。

iOS 15・iPadOS 15の新機能の使い方

スポンサーリンク

関連記事