【iOS 15】写真アプリで写真や動画の撮影地・位置情報を追加する方法

スポンサーリンク

この記事ではiOS 15・iPadOS 15で追加された「写真」アプリで写真や動画に位置情報を追加する方法を紹介します。

iPhoneやiPadの写真は初期設定の場合、撮影した写真や動画に位置情報が記録されています。ところがデジカメで撮影した写真やSNS・メッセージアプリで共有された写真・動画は位置情報がないことが多いです。

そんな写真に位置情報を追加する機能がiOS 15・iPadOS 15に追加されました。

この記事で記載される内容はAppleの公式ページや海外メディアのリーク情報を始めとしたリリース前のiOS 15・iPadOS 15、macOS Montereyの情報を元に書かれています。
そのため正式なリリース版と表記や内容が異なる場合があります。その点ご了承ください。記事は情報が入り次第、随時アップデートしていきます。

iOS 15・iPadOS 15でなくても位置情報の追加・編集はできます

今回紹介する方法は2021年秋にリリースされるiOS 15・iPadOS 15の新機能なのですが、iOS 15・iPadOS 15にアップデートしなくても写真や動画の位置情報は追加したり、編集したりすることができます。

スポンサーリンク

iOS 15・iPadOS 15で写真や動画に位置情報を追加する方法

それではさっそくiOS 15やiPadOS 15の「写真」アプリを使って写真や動画に位置情報を追加する方法を見ていきましょう。

1つずつ変更する場合

  1. 写真アプリを開く
  2. 撮影日時を変更したい写真や動画を開く
  3. 写真を上にスワイプするか画面下のiをタップ
  4. 画面下のほうにあるAdd a locationをタップ(日本語は位置情報を追加?)
  5. 撮影した場所を探して指定する

複数の写真や動画を一括で変更する場合

  1. 写真アプリを開く
  2. ライブラリ、またはアルバムの画面右上の選択をタップ
  3. 画面左下の アイコンをタップ
  4. メニューからEdit location(日本語は位置情報を編集?)をタップ
  5. 撮影した場所を探して指定する

以上で複数の写真や動画の撮影場所を指定することができました。

スポンサーリンク

情報元:9TO5Mac

iOS 15・iPadOS 15の新機能の使い方

関連記事