基礎知識

iPhone/iPadの「Appを取り除く」と「Appを削除」の違いは何?

スポンサーリンク

iOS 11からアプリの消し方が2種類になりました。

1つは従来通りの削除のやり方「Appを削除」、そしてiOS 11から新たに「Appを取り除く」という機能が加わりました。でも、Appを取り除くのと、Appを削除するのでいったい何が違うのでしょうか。

従来通りの「Appを削除」

従来通りの「Appを削除」は、アプリ本体とそのアプリで作成したドキュメントや、本体とは別でダウンロードしたデータなどをすべて削除します。

「Appの削除」のやり方は二通りあります。
1つはホーム画面のアプリアイコンを長押ししして、プルプル震え始めたらアイコンの左上にあるをタップして消します。

もう1つは設定iPhoneストレージ、またはiPadストレージとタップ。

スポンサーリンク

そして削除したいアプリをタップ。最後にAppを削除を選びます。

新機能「Appを取り除く」

新たに追加された「Appを取り除く」は、アプリ本体だけを削除し、アプリで制作したデータや設定ファイルなどは削除されずに残されます。

「Appを取り除く」のメリットは、削除しても設定ファイルなどは残るため、あとでアプリを再インストールすれば、削除する前とまったく同じ状態で始めることができます。

例えば、ストレージの容量を食うゲームは「また遊ぶかも」と思うと、今までのセーブデータが消えたら嫌なので、今までなかなか消せませんでした。ところが今後は、本体だけを消してセーブデータを残せるので、また遊びたくなったらゲームをインストールしなおせば再び遊べるようになります。

試しに「パズドラ」を取り除いて、再びアプリをインストールしてみたいと思います。

「Appを取り除く」には、上で紹介した方法で、設定iPhoneストレージ、またはiPadストレージとタップ。そのあとパズドラをタップします。

そしてAppを取り除くをタップし、再度Appを取り除くを確認のためにタップします。

スポンサーリンク

アプリを取り除いた場合、アプリのアイコンはホーム画面にそのまま残ります。その代わりアプリの名前の左に上のようなマークが表示されます。

再度アプリをインストールしたい場合は、このアプリをタップすれば再インストールが始まり、インストール完了後は今まで通り遊ぶことができました。

 

関連記事+広告

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。