iPhone/iPadを売る前・手放す前にやるべきこと

iPhone/iPadを売る前・手放す前にやるべきこと

iPhone/iPadを強制的にリカバリーモードやDFUモードにする方法
Apple、iPhoneのナンバリングを遂に止める?次期iPhoneはiPhone Xという噂
iPhone 8で通話中に雑音が入るバグなどを修正したiOS 11.0.2をリリース

スポンサーリンク

iPhone 8やiPhone Xが発売されて、しばらく経って、そろそろ前に使っていたiPhoneを手放そうかな?と思っている人も多いのではないでしょうか。

家にあっても使わないのであれば、売ってしまったほうがお財布にとってありがたいですからね。

でも、iPhoneやiPadを売る前、手放す前にぜひともやっておいてほしいことがいくつかあります。

分割で買った人はローンの残高がないかチェック

多くのユーザーがiPhoneを分割払いにして購入しますね。
その残高はもう全て払い終わっていますか?念のため確認しておきましょう。

残高がまだ残っていると、買い取ってくれない、もしくは買い取り価値が大きく下がってしまいます。

スポンサーリンク

また残高が残ったまま他人にiPhone/iPadを譲渡して、その後残高を払わないと、今度は譲渡した人に迷惑をかけてしまいます。

残高はドコモやソフトバンク、auなどの利用明細書に書かれています。もし手元にない場合はショップに行くと確認してくれるので、手放す前・譲る前に必ず確認しておきましょう。

新しいiPhone/iPadに完全に移行できたか確かめておこう

古いiPhone/iPadで使っていたアプリはすべて動いていますか?
写真や動画、音楽などのデータもすげて移行できていますか?

一度、古くなったiPhone/iPadを手放してしまったら、二度と戻ってきません。念のため新しいiPhoneやiPadへの移行が完全に終わっているかどうかを確認しておきましょう。

「iPhoneを探す」「iPadを探す」をオフにしよう

「iPhoneを探す」「iPadを探す」をオンにしたまま、売却したり譲渡すると新しい持ち主は

Apple Watchとのペアリングを解除しよう

Apple Watchは常にiPhoneとペアリング(紐付け)されています。古いiPhoneとのペアリングを解除しないと、新しいiPhoneとペアリングをすることはできません。

ペアリングの解除は

スポンサーリンク

  1. iPhoneとApple Watchを近くに置く
  2. iPhoneでWatchアプリを起動
  3. マイウォッチタブを開いて、画面上部にあるApple Watchをタップ
  4. ペアリングを解除するApple Watchの横にあるiをタップ
  5. Apple Watchとのペアリングを解除をタップ
  6. Apple Watch Series 3のGPS+Cellularモデルの場合は、モバイルデータ通信プランを維持するか、削除するかの聞かれるので、プランを削除してください。
  7. そのあとは画面の指示に従ってペアリングを解除します

iCloudからサインアウトして情報を削除

次に行うのはiCloudからのサインアウトです。
どうしてサインアウトしなければいけないのか。それは売却する・譲渡するiPhoneからあなたのiCloudアカウントのヒモ付を解除しないと、新しい持ち主のiCloudと紐付けすることができず、アクティベートができないからです。

iCloudのサインアウトは

  1. 設定アプリを開く
  2. 上部にあるあなたの名前をタップ
  3. 画面一番下にあるサインアウトをタップ
  4. Apple IDのパスワードを入力。
  5. あとは画面の指示に従って、サインアウトを行います。

データはすべて消去しよう

最後にデータを全削除します。

このとき手動で「アプリを消して」「写真を消して」とやらずに、必ず「リセット」機能を使って、全てのデータを消去するようにしましょう。

全データの消去はiPhoneやiPadから消す方法と、iTunesを使って消す方法がありますが、ここではiPhone/iPadを使って初期化(リセット)する方法を紹介します。

  1. 設定アプリを開く
  2. 一般をタップ
  3. 画面一番下のリセットをタップ
  4. すべてのコンテンツと設定を消去をタップ
  5. あとは画面の指示に従って消去します

スポンサーリンク

COMMENTS