Apple Watchは左に付ける?それとも右?どっちがいいか考える

Apple Watchを付けるとき、皆さんはどちらの手に付けますか?

一般的な時計は右利きの人は左手に、左利きの人は右手に付けます。ところがApple Watchは意図的に右手に付ける人がいます。

なぜ右手に付けるのか。
それはApple Watchは付ける向きの設定が自由にできたり、右手に付けた方が便利なシーンがあるからです。

この記事ではApple Watchは左右どちらの手に付けるのが良いのか、それぞれのメリットとその結果どちらがお勧めなのかをまとめていきます。

Apple Watchを左手に付けた方が良い理由

スポンサーリンク

まず始めにApple Watchを左手に付けた方が良い理由です。

ちなみにこの記事は右利きの人視点で書かれています。左利きの方は今回の理由がすべて当てはまるものではありませんが、その点ご理解いただけたら幸いです。

  • これまでの「左手に時計」という慣れた操作感がそのまま
  • コンビニのレジは左側にあることが多いから会計しやすい
  • バスの会計も左側にあるから左に付ける方がやりやすい

Apple Watchを右手に付けた方が良い理由

スポンサーリンク

続いてApple Watchを右手に付けた方が良い理由です。といっても1つしかありません。

  • Suicaを電車の改札で使うとき
    改札は必ず右側にピッとする場所がある

もうこの1つに尽きると思います。

やっぱり「左」に付けるのがオススメ

アレコレと書きましたが、結局のところ時計を左手(利き手の反対)に付けている人は、Apple Watchも左手に付けるのをお勧めします。

右手に付けるメリットは改札を通るときSuicaを使いやすいだけです。

正直「改札でSuicaをピッとしやすい」という利便性よりも、慣れない手(右手)に時計を付けている邪魔さと、慣れない手でApple Watchを操作する不便さのほうが勝ります。

とはいえ、「Apple Watch右手に付けたらどうだろう?」という方は一度試してみることをお勧めします。丸1日Apple Watchを右手に付けて違和感がなければ、そのまま右手に付けていてもいいのかもいsれません。

僕は何度か右手にApple Watchを付けて見ましたが、結局左手に付けています。ちなみにSuicaはApple Watchで使っているので、まったく問題ありません。

関連記事