Face IDのちょっと気になる疑問とその答え まとめ

iPhoneはiPhone Xから導入された「顔認証システム」
導入されて数年経ったので、今さら顔認証は当たり前になってきましたが、改めて気になる疑問をまとめてみました。

Face IDの顔データは流出しない?

スポンサーリンク

Face IDで使われるデータはAppleのサーバーにアップされたりせず、iPhoneやiPadのなかですべて処理されます。

またその蓄積されるデータは製造したAppleでさせ見ることができないよう保護されているので、セキュリティーは非常に高くなっています。

顔写真や特殊メイクで解除されたりしない?

スポンサーリンク

Appleによると、顔写真やハリウッドが作るような高精度の特殊メイクや模型?マスク?を使ってもFace IDは本人かどうかを見分けて、認証しないそうです。

女性のすっぴんと化粧後や帽子、メガネをしたり、髪型が変わっても大丈夫?

化粧や帽子、メガネ、さらにスカープなどをしたり、髪型が変わっても「基本的に」問題ありません。

ただし、サングラスはレンズの種類によってダメなようです。

それと日本人ではあまり見かけませんが、顔の輪郭が変わるほどヒゲが生えていた人が、一気に剃ってしまうと認識されないそうです。その場合はパスコードを使ってロックを解除して顔のデータを更新する必要があります。

また「化粧をしても大丈夫」と言われていますが、女性の中には「化粧をしてFace IDを登録したら、素顔で解除できない」なんていう声も。

現在、Face IDは顔を2つ登録できるので、女性の場合は化粧前と後の2つの顔を登録しておいてもいいかもしれませんね。

真っ暗なところでも認証してくれる?

部屋の電気を消して真っ暗になった部屋でもFace IDは機能します。

寝顔でも認証されてしまう?

Touch IDは寝ているあいだに解除できると話題になりましたが、Face IDはどうでしょう?

Face IDは初期設定の状態では顔認証するとき、ユーザーがiPhoneの画面を意識して見ているかどうかを判定して認証しています。

つまりiPhoneに顔を向けているだけではロックが解除されず、カメラの方に目を向けなければいけません。

そのため寝ている状態、しかも目がつぶっている状態ではロックは解除されません。

ただしこのiPhoneやiPadを中止しなくても解除できるようにすることも設定でえ可能なので、その辺の設定はご自身で決める必要があります。

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてFace IDとパスコードをタップ
  3. Face IDを使用するには注視が必要をオフにする

これだけで画面を注視しなくてもロックが解除できてしまうので、注意が必要です。

今後気になること

「カメラを見ないとダメ」という機能。例えば左右で目の焦点が合わない人や、眼帯の人。また、ものすごく目が細い人でどう機能するのか気になるところです。

双子は大丈夫?

残念ながら一卵性双生児の場合、DNAがあ全く同じで顔が非常に似ているため、誤認証されてしまう可能性があるそうです。

また中には「お母さんのiPhoneを息子が解除した」という話もあるので、この辺は注意が必要です。

Face IDの関連記事

関連記事