基礎知識

Apple Watchで心電図が使えるって本当?心電図を使える条件まとめ

スポンサーリンク

Appleは2018年12月7日にwatchOS 5.1.2をリリースしました。

このアップデートの大きな目玉が「Apple Watchで心電図を使えるようにする」というものですが、watchOS 5.1.2にしても使える気配がありません。

今回は同じように「あれ?Apple Watchで心電図機能が使えるようになったんじゃないの?と思ってしまった方のための記事となっています。

Apple Watchで心電図を使えるようにするには

Apple Watchで心電図を見れるようにするには幾つかの条件があります。

Apple Watch Series 4を使っている

まず1つ目はApple WatchのSeries 4を使っているということです。Series 4は2018年9月に発売されたモデルです。

スポンサーリンク

それ以外のApple Watchを持っている方は残念ながら心電図機能を使うことはできません。

watchOS 5.1.2がインストールされている

次の条件はApple Watch Series 4に、2018年12月7日にリリースされたwatch OS 5.1.2かそれ以降がインストールされている必要があります。

つまりApple Watch Series 4を買ってすぐは心電図機能は搭載されていなかったということです。

22歳以上であること

次は年齢です。心電図は22歳以上でなければ使うことができません。

アメリカまたは対応した国に住んでいる

最後は住んでいる国です。2018年12月現在、Apple Watch Series 4で心電図の機能を使うことができる国はアメリカ、プエルトリコ、グアム、アメリカ領ヴァージン諸島に住んでいる人のみです。

ちなみにグアムもプエルトリコもアメリカ領ヴァージン諸島もアメリカの本国ではありませんが、それぞれアメリカの領土です。

ちなみに「アメリカに住んでいる」ということなので、「アメリカ旅行中だけ使う」といったことはできないようです。

スポンサーリンク

Appleは具体的にどのように「アメリカに住んでいる」を判定しているのか明かしていませんが、位置情報やiPhone内の地域の設定がアメリカになっているだけでは心電図は使えなかったとか。

考えられるのはiPhoneに刺さっているSIMカードの電話番号やApple IDの国などから判断しているのでは?とのことです。

 

Amazon 今日の特価はこれ!

本日1月17日のAmazon.co.jpのタイムセール(特価)商品のなかから、特に気になったものを紹介します。
これ以外のタイムセールをご覧になりたい方は「タイムセール|Amazon.co.jp」をご覧ください。

レザーカバー折りたたみ式 USB充電ワイヤレスキーボード iOS対応
6,800円2,958円(57%OFF)
27件のレビュー
終了時間:2019年01月19日 10時14分まで
Amazonのページを見る

※2019年01月19日03時00分時点の価格と在庫です。価格の変更や売り切れの可能性があります。詳細は商品ページをご確認ください。

関連記事+広告

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。