AirPodsをiPhone・iPadの「設定」以外から手軽に接続(ペアリング)する方法

スポンサー・リンク

多くのBluetoothヘッドフォンやイヤホンは、iPhoneやiPadと接続するとき毎回「設定」から「Bluetooth」と辿って接続しなければなりません。

でも、これって意外と面倒です。そこで今回は「設定」を経由せずにもっと手軽にAirPodsを接続する方法を紹介します。

AirPodsを手軽にiPhoneやiPadと接続する方法

スポンサーリンク

AirPodsは、iPhoneやiPadなどのiOS端末と接続するときと、Macと接続するときで若干操作方法が異なります。

iPhone・iPadからAirPodsに接続する方法

まずはiPhone・iPadからAirPodsに接続する方法です。

  1. AirPodsを充電ケースから出す
  2. コントロールセンターを出す(補足1)
  3. ミュージックの右上のアイコンをタップ
  4. AirPodsをタップ(補足2)

補足1:コントロールセンターについて

コントロールセンターの出し方は2通りあります。
お使いのiPhoneやiPad、iOSのバージョンによって表示させる方法が異なります。もしコントロールセンターの出し方がわからない場合は、以下のいずれかをお試し下さい。

  • 画面右上を下にスワイプ
  • 画面下真ん中を上にスワイプ

補足2:AirPodsの表示について

もしコントロールセンターにAirPodsが表示されていない場合は、Bluetoothの設定から再度繋ぎ直さなければいけません。

  1. AirPodsを充電ケースから出す
  2. 設定を開く
  3. Bluetoothをタップ
  4. 自分のデバイスの中にあるAirPodsをタップ

それでも表示されない場合は、iPhone・iPad、Macなどお使いの端末、またはAirPodsのリセットを行うと表示されます。

それでも繋がらない場合は

スポンサーリンク

これらの方法を試してもAirPodsが繋がらない場合は、下記の記事を参考にしてみてください。

AirPodsから音が「聞こえない」「繋がらない」調子が悪いときに試したい6つのこと

関連記事