AirPodsとAirPods Proで電話に出る方法

AirPodsで音楽を聴いたり、動画を見ている最中に電話が鳴って焦った経験ありませんか?

もちろん従来通りiPhoneを使って電話に出ることはできますが、そんなことしなくてもAirPods・AirPods Proを操作すれば電話に出ることができるんです。

この記事ではAirPods/AirPods Proを使って電話を受ける方法を紹介します。

AirPods・AirPods Proで電話を受ける・電話を切る方法

スポンサーリンク

AirPodsやAirPods Proで電話を受ける方法は以下の通りです。ちなみに電話を切るときも操作は同じです。

  • AirPods Pro … AirPods Pro本体を感圧センサーを押す(つまむ)
  • AirPods 第2世代 … AirPods本体をタップします
  • AirPods 第1世代 … AirPods本体をダブルタップします

お気づきだと思いますが、iPhoneを触らずに電話に出ることができます。

Line通話も受けられます

スポンサーリンク

iPhoneの電話だけでなく、Line通話もAirPods・AirPods Proで受けることができます。

しかもLine通話を受信して、会話をはじめる方法はiPhoneの電話と同じ操作でOK。簡単ですよね。

AirPodsでLine通話に出られないときは

もしAirPodsでLine通話に出ることができないときは、Lineの設定を見直しましょう。iPhoneの基本通話と統合という設定がオフになっているかもしれません。

iPhoneで設定を確認するときは

  1. 画面下のメニューから友だちをタップ
  2. 画面左上の歯車をタップ
  3. 下にスクロールして通話をタップ
  4. iPhoneの基本通話と統合オン

iPadのLineで設定を確認するときは

  1. 画面左下にある設定をタップ
  2. 通話をタップ
  3. iPhoneの基本通話と統合オン

AirPodsで電話。品質はどう?

AirPodsで電話を受けたときの品質はどうなんでしょう?遅延とかあるのでしょうか。

僕がAirPods 第1世代とAirPods Proを使った感想でいうと、音質は普通にiPhoneで電話に出るよりも音質はよく感じました。

というのもiPhoneのスピーカーよりも耳に音が直接届くからです。特にAirPods Proはカナル式で遮音性が高い上に、ノイズキャンセリングも効いているので、その差が出ます。

 

関連記事