デフォルトのブラウザとメールアプリを変える方法(iOS/iPadOS 14)

iPhoneとiPadはiOS 14・iPadOS 14からデフォルトのブラウザとメーラーを変更できるようになりました。

そこでこの記事ではiPhone・iPadのデフォルトのブラウザとメーラーを変更する方法を紹介します。

デフォルトのブラウザ・メールアプリを変える時の注意点

スポンサーリンク

デフォルトのブラウザやメーラーを変えるためには、サードパーティーのアプリがAppleが設ける「デフォルトのブラウザ」「デフォルトのメーラー」の基準をクリアしていなければいけません。

そのためブラウザの場合、Google ChromeやMicrosoftのEdgeはデフォルトのブラウザに設定できますが、それ以外のブラウザはまだ設定できないことがあります。

メールアプリは2020年9月23日現在、以下の5つが対応しています。

  • Spark
  • Outlook
  • Gmail
  • Boomerang

デフォルトに設定したくてもできない場合はアプリの対応を待ちましょう。

デフォルトのブラウザやメールアプリを変える方法

スポンサーリンク

デフォルトのブラウザを変える方法

デフォルトのブラウザを変える方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. Safari、またはデフォルトに設定できるブラウザをタップ
  3. デフォルトのブラウザAppをタップ
  4. デフォルトに設定したいブラウザをタップ

以上でブラウザの設定が変わります。

デフォルトのブラウザが変わることで、メールやメモ、Twitterなどでリンクをクリックしてブラウザを開く時、これまでSafariが開いたのが別のブラウザに切り替わります。

ただ僕の試した環境だけかもしれませんが、iPhoneのデフォルトブラウザをChromeにして、MacのChromeで開いているウェブページをHandoff機能を使ってiPhoneで開いても、従来通りSafariが立ち上がりました。

まだiOS 14・iPadOS 14からの機能なので完璧ではないのかもしれません。

デフォルトのメールアプリを変える方法

デフォルトのメールアプリを変える方法は、デフォルトのブラウザを変えるのとほぼ同じ操作です。

  1. 設定を開く
  2. デフォルトに設定できるメールアプリをタップ
  3. デフォルトのメールAppをタップ
  4. デフォルトに設定したいメールアプリをタップ

これによってウェブサイトに書かれたメールアドレスをタップした時にAppleのメールアプリではなく、デフォルトに設定したメールアプリが起動します。

個人的な感想としては、ブラウザはどのブラウザで開いても基本的に閲覧できるので、あまりこだわりがありませんがメールアプリはAppleのメールアプリを設定していないので、デフォルトのメールアプリを変えられるようになったのは非常にありがたいです。

iOS 14・iPadOS 14の関連記事

関連記事