【iPhone・iPad】マウスカーソル・ポインタを見やすくする方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhone・iPadにマウスやトラックパッドを繋げた時に表示されるマウスカーソル(ポインタ)を見やすくする方法を紹介します。

初期設定の状態だとiPhone・iPadのマウスカーソル(ポインタ)の色は薄いグレイです。
この薄いグレイ。おしゃれではありますが視認性が高いか?と言われると微妙です。

そのまま使っても良いのですが、マウスカーソルをもう少しだけはっきり見えるようコントラストを上げたり、カーソルの円に色付きのフチをつけることで一気に見やすくなります。

iPhone・iPadのカーソルをはっきり見えるようにする方法

まず初めにiPhone・iPadのマウスカーソル(ポインタ)のコントラストを上げて、はっきり見えるようにする方法です。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてアクセシビリティをタップ
  3. 下にスクロールしてポインタコントロールをタップ(補足あり)
  4. コントラストを上げるオン

スポンサーリンク

以上でマウスカーソル(ポインタ)の色がはっきり(コントラストが高く)見えます。

ポインタコントロールはマウスやトラックパッドがiPhone・iPadに接続されていないと表示されません。もしポインタコントロールを探して見つけられない時はBluetoothが繋がっていないかもしれません。

これが実際のポインタの色です。かなり視認性が上がりますね。これでも正直十分だと思うのですが、もっとも見えるようにする方法もあるんです。それがポインタのフチ(周り)に色をつける方法です。

iPhone・iPadのカーソルにフチを付ける方法

iPhone・iPadのカーソルは上でも紹介したようにパソコンのカーソルと違い、薄い灰色の◯です。
設定を変えれば多少コントラストが強いはっきりしたカーソルに変えられますが、それでもまだ見にくいかもしれません。

そんな時はカーソル(ポインタ)にフチをつけてあげると一気に見やすくなります。設定方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてアクセシビリティをタップ
  3. 下にスクロールしてポインタコントロールをタップ
  4. カラーをタップ
  5. 好みの色をタップ

カーソルの色は全部で6色あります。

スポンサーリンク

  1. ホワイト
  2. ブルー
  3. レッド
  4. グリーン
  5. イエロー
  6. オレンジ

ボーダーの幅(太さ)も変えられる

カーソルはボーダー(ふち)を付けられるだけでなく、太さも変えることができます。
設定方法はボーダーの色を変えるのとほぼ同じです。ボーダーの色を変えたときに一番見やすい太さにしてみましょう。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてアクセシビリティをタップ
  3. 下にスクロールしてポインタコントロールをタップ
  4. カラーをタップ
  5. ボーダーの幅を調節する

ボーダーを一番太くすると、カーソルの印象はかなり異なります。
他人にiPadの操作を見せたり、店頭デモ、プレゼンテーションで使うときはカーソルの色を変えると視認性がかなり高くなりそうです。

個人的におすすめは「白線極細」

iPadのカーソルのお勧めは白い線を一番細くすることです。

その理由は初期設定のグレーのカーソルの場合、画面の背景色によって非常に見にくくなるからです。もちろん色をつけた方が見やすいのですが、色を付けると目立ちすぎるので白がお勧めです。

スポンサーリンク

もちろんこの辺は個人の好みなので、いろいろ試してみてください。

「マウス・トラックパッド」の関連記事

iPhoneとiPadのマウスについての関連記事はこちらです。

関連記事