【iPad】マウスのカーソルを自動的に消えないようにする方法

この記事ではiPadにマウスやトラックパッドを繋げたときに、カーソルが自動的に消えないようにする設定を紹介します。

カーソルが消えた方が画面がスッキリすると考える人もいますが、カーソルを表示させて画面撮影を行ったり、他人に画面を見せながら操作する時カーソルが見えた方がスムーズだったり、用途によってカーソルが消えない方がいいえケースもあります。

簡単な設定でカーソルが消えないようにできますので、カーソルが消えて欲しくない時にお試しください。

iPadでマウスカーソルを消さない方法

スポンサーリンク

iPadはマウスやトラックパッドの操作が約8秒間ないとカーソルを自動的に非表示にします。その設定をオフにすることで常にカーソルを表示させることができます。

設定方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. アクセシビリティをタップ
  3. ポイントコントロールをタップ(補足有り)
  4. 自動的にポインタを非表示オフ

以上でカーソル(ポインタ)が非表示になります。

個人的には表示が消えるまでの秒数を設定できる、もしくはもう少し消えるまで時間がかかる設定があるといいのにと思いました。

補足:ポイントコントロールがない場合は

ポイントコントロールはiPadにマウスやトラックパッドなどが接続していないと表示されません。

もしアクセシビリティをタップした後でポイントコントロールが見つからない場合は、マウスやトラックパッドを接続させましょう。

マウスやトラックパッドが接続されているのに出てこない時は再接続、またはiPadの再起動をお試しください。

関連記事:iPadのマウスやトラックパッドにまつわる記事

スポンサーリンク

関連記事