AirPodsを落として失くした!探す方法

AirPodsを失くした!そんな時「これまでの行動を思い出して」とか「鞄の中、ポケットの中をゴソゴソとあさって探すこともできるのですが、それ以外にもっと便利な方法があります。

それはAppleが提供する「探す」という機能です。

この機能を使えば落として失くしたAirPodsを見つけられるかもしれません。

この記事では失くしてしまったAirPodsを探す方法と、探す上で知っておきたいこと・注意点をまとめました。

AirPods/AirPods Proを探す方法

スポンサーリンク

落として失くしたAirPodsを探す時のステップは主に2つあります。

  1. AirPodsの大体の位置を知る
  2. AirPodsの近くに行き、AirPodsから音を出して探す

まず1つ目のステップですが、iPhoneやiPad、AirPodsなど多くのApple製品は最後にオンラインになった場所を常に把握しています。

ただ「場所を把握」と言っても地図上に表示されるだけなので「大まかな場所」しかわかりません。ちなみにAirPodsの場合、最後にiPhoneやiPadに接続して使った場所がわかります。

「大まかな位置」を頼りに「きっとこの辺にある」という場所に行ったら、AirPodsから音を出して具体的にどこにあるか探すことができます。

iPhoneやiPadでAirPodsを探す方法

iPhone・iPad、そしてiPod Touchには探すというアプリがあります。この探すを使うことでAirPod・AirPods Proを探すことができます。

操作方法は以下の通りです。

  1. 探すアプリを開く
  2. 画面下のデバイスを探すをタップ
  3. デバイスを探すから失くしたAirPodsをタップ
  4. サウンドを再生をタップ

ブラウザを使ってAirPodsを探す方法

手元にiPhoneやiPadがない時はSafariやChromeと言ったブラウザを使ってもAirPods・AirPods Proを探すことができます。

ちなみにiPhoneやiPadでも探すアプリを使わず、ブラウザから探すことが可能です。

  1. iCloud.comにアクセス
  2. AirPodsが紐付けされているApple IDでサインインする
  3. 2ファクタ認証の確認が求められることがあるので認証を済ませる
  4. iPhoneを探すをタップ
  5. マイデバイスの中にある失くしたAirPodsをタップ
  6. サウンド再生をタップ

AirPodsを探すときの注意点・知っておきたいこと

スポンサーリンク

失くしてしまったAirPodsを探すときに知っておきたいこと、注意点がいくつかあります。

AirPodsが鳴るのは端末に接続されている時だけ

AirPodから音を鳴らすことができるのは、iPhoneやiPad、MacなどにBluetoothで接続された時だけです。

そのため以下のような環境ではAirPodsから音が鳴りません。

  • AirPodsと手持ちの端末がペアリング(接続)していない
  • AirPodsの電池が完全に切れている
  • AirPodsが壊れている
  • AirPodsが充電ケースに入っている

もし上記のようなiPhoneやiPadと繋がっていない「オフライン」状態の場合、サウンドの再生は保留になりますが、電源がオンになってiPhoneやiPadと接続されると音が鳴ります。

そのため友達の家でAirPodsを失くして、友達に自宅から「今からAirPodsの音を鳴らすから探して」とお願いしても意味がないわけです。音は鳴りません。

逆を言えばAirPodsを片方だけ失くした場合は、その失くしたAirPodsの電池がなくなる前に近くまで行って音を鳴らさないと見つけることが難しくなるということです。

ケースごと失くした場合は音が鳴らない

上でも触れていることなのですが、重要なことなのであえてもう一度。

もしAirPodsをケースごと失くしてしまった場合、最後にBluetoothに接続された場所は地図に表示されますが、音が鳴りません。

家の中にあるのか、さっきまでいたカフェにあるのか、はたまた職場にあるのか、わかるのはそこまでです。後は必死で探すしかありません。

呼び出しの音はあまり大きくない

AirPodsから呼び出しの音を出しても音は意外と小さいです。

試しに僕が持っているAirPods Proで音を鳴らしてみました。
比較的静かな部屋で鳴らしている&近くで撮影しているのでしっかり音が聞こえますが、街中の喧騒とか音楽が流れる店内だと探すのは大変かもしれません。

ちなみに音がなる時間は2分間です。

左右2つとも無くした時は片方の位置情報しかわかりません

もしAirPodsを左右別々の場所で失くした場合、探すに表示されるのは1つだけでです。2つ同時には表示されません。

なので、まず1個見つけましょう。
そして1個目を見つけたらすぐに充電ケースに入れて、探すをリロード(再読み込み)すると2個目が地図に表示されます。

AirPodsにまつわる関連記事

AirPodsをより使いやすく、便利にする設定にまつわる記事はこちらです。

そのほか、AirPodsの調子が悪い時、失くしてしまった時など困った時に参考になるかもしれない記事がこちらです。

関連記事