iOS・iPadOS 13.6.1がリリース いくつかのバグを修正

スポンサーリンク

Appleは2020年8月13日、iOSとiPadOSの最新版「iOS 13.6.1」と「iPadOS 13.6.1」をリリースしました。

このアップデートにより幾つかのバグが修正されています。

普段Appleは火曜日にアップデートを出すことが多いのですが、今回は珍しく木曜日のアップデートです。

iOS・iPadOS 13.6.1の変更点

今回のアップデートは「13.6から13.6.1」へのアップデートのため、新機能の追加はありません。

Appleのリリースノートには以下のような変更点が記されていました。

iOS・iPadOS共通の変更点

スポンサーリンク

  • 空き領域が少ない場合に、不要なシステムデータファイルが自動的に削除されない可能性がある問題に対処

iOSのみで行われた変更点

  • 一部のディスプレイの色が緑がかって表示される原因となっていた温度管理の問題を修正
  • 一部のユーザで接触通知が無効になることがある問題を修正

アップデートは時間に余裕を持って

回線の速度やお使いの端末にもよりますがソフトウェアアップデートは時間がかかることが多いので、時間に余裕を持って行うようにしましょう。

今回のアップデートはiOS 13.6が搭載れたiPhone 11 Proでアップデートファイルのサイズが100MBくらい、所要時間は大体15分から20分でした。

外出前などに行うと「アップデートが終わらないから出掛けられない」ということになるかもしれません。注意しましょう。

アップデート後は「1度再起動」がオススメ

iOS・iPadOSのアップデート後、いつも使える機能が使えなくなっていることがあります。

スポンサーリンク

例えばアップデート後に通知が来なくなるのは「アップデートあるある」なくらいよく起こります。他にもiPhone・iPadとMacのクリップボードを共有する「ユニバーサル・クリップボード」が機能していなかったり、Handoffが使えなかったり。

そんなときはiOS・iPadOSのアップデート後、もう一度端末の再起動を行ってみてください。それで問題が解決することが多いです。

ソフトウェア・アップデートをする方法

ソフトウェア・アップデートをする方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールして一般をタップ
  3. ソフトウェア・アップデートをタップ

アップデートがある場合は上記の画面にアップデート表示されますので、画面の指示に従ってアップデートを行ってください。

ソフトウェア・アップデートに関する記事