[iOS 12]通知の管理に出てくる「目立たない形で配信」と「目立つ形で配信」って何?

iOS 12の新機能で「通知センター」や「設定の中の通知」のなかに目立たない形で配信と目立つ形で配信という機能が追加されました。

目立たない形で配信と目立つ形で配信。なんだか意味がわかるような、でもいったい何をしてくれるのかわからないようなわかりにくい機能です。

この記事ではそれら2つの違いを紹介します。

iOS 12の通知。「目立たない形で配信」と「目立つ形で配信」の違い

スポンサーリンク

iOS 12の一見よくわからない通知の新機能「目立つ形で配信」と「目立たない形で配信」の違いはどこにあるのでしょうか。

まず通知の「目立つ形で配信」というのは、従来どおりの通知方法です。

通知場所オン/オフ
通知センターに表示
ロック画面に表示
音で通知
バナーで表示
アプリのアイコン

すべての場所で通知がされます。一方「目立たない形で配信」がどのようなものか?というと

通知場所オン/オフ
通知センターに表示
ロック画面に表示
音で通知
バナーで表示
アプリのアイコン

つまりこの「目立たない形で配信」の対象となってしまったアプリは、通知センターを見るかアプリを開かない限り、通知内容をユーザーは目にすることはないということです。

もちろん設定→通知から上記の5つの項目を個別にオンオフすることも可能です。

使い方次第で静かな生活が訪れる!?

スポンサーリンク

個人的には「目立たない形で配信」は、ほぼ通知機能をオフにした状態なので、だったら全部オフにしてもいいのかな?と思いますが、自分で設定を変えられるのはいいですね。

関連記事