【iPhone・iPad】通知の管理にある「目立たない形で配信」って何?違いは?

この記事では通知の設定にある「目立たない形で配信」と「目立つ形で配信」の違いがどんなものなのか紹介します。

アプリをたくさん入れている人、ニュースアプリやゲームアプリなどの通知が邪魔だと感じる人が、「目立たない形で配信」と「目立つ形で配信」を使い分けると余計な通知がかなり減り、尚かつ必要な情報を見逃しにくくなります。

通知には3つの方法「ロック画面」「通知センター」「バナー」がある

スポンサーリンク

まず予備知識として、通知と一言で言っても3種類あるので、それぞれの違いから触れていきます。

通知のタイプ3種類。バナー・ロック画面・通知センター

  • ロック画面で通知(左上)
    ロック画面の通知は文字通り、ロック画面に出てくる通知。通知を受け取った瞬間に表示されます。
  • 通知センターで通知(右)
    ホーム画面の左上を下にスワイプすると出てくる通知をまとめたもの。
  • バナーで通知(左下)
    バナーはホーム画面やアプリ画面で、メールやメッセージを受け取った時に画面の上から出てくる通知です。

「目立たない形で配信」と「目立つ形で配信」って何?その違いは?

スポンサーリンク

それでは本題です。

目立たない形で配信目立つ形で配信の2つの違いは何でしょう。

目立たない形の配信と目立つ形の配信の設定方法

目立たない形で配信目立つ形で配信の変更は以下のように行います。

  1. 通知を右から左にスワイプ
  2. 管理をタップ
  3. 目立たない形で配信、もしくは目立つ形で配信のいずれかをタップ

目立つ形で通知と目立たない形で通知の違い

それぞれの通知の違いは以下のようになっています。

目立つ形で配信目立たない形で配信
ロック画面X
通知センター
バナーX
サウンドX
バッジX

それぞれの通知の設定がどのように変わるかも見てみましょう。

その都度通知を知りたいアプリは「目立つ形で配信」

「目立つ形で配信」は何か通知があるときはアプリがその都度通知してくれます。

通知をその都度見逃したくないときは「目立つ形で配信」に設定しましょう。

自分から通知を見れば良いアプリは「目立たない形で配信」

「目立たない形で配信」にすると基本的に利用者に通知は来ません。

その代わり通知センターを利用者が見に行くと通知がそこにあります。

つまり頻繁に通知が来すぎてその都度通知が来ると邪魔なアプリや、意図的にメッセージやメールアプリ、TwitterなどSNSのアプリの見る回数を減らしたいときに目立たない形で配信に設定することをお勧めします。

関連記事