何が変わった?iOS 15.0.2・iPadOS 15.0.2がリリース

スポンサーリンク

Appleは2020年10月12日、iOS 15.0.2とiPadOS 15.0.2をリリースしました。

この記事ではそれぞれで共通するアップデート内容と、iOSだけのアップデート、iPadOSのアップデートを分けて「何が変わったのか」まとめて紹介します。

iOS 15.0.1・iPadOS 15.0.1からのバグ修正アップデートのため新しい機能の追加はありませんが、バグの修正やセキュリティーのアップデートなどが行われているため、時間があるときにぜひアップデートしておきましょう。

iOSとiPadOSで共通のアップデート内容

まず初めにiOS 15.0.2とiPadOS 15.0.2で共通するアップデートからまとめて紹介します。

  • 写真を保存したスレッドまたはメッセージを削除すると、“メッセージ”からライブラリに保存された写真が削除される可能性がある問題
  • AirTagが“探す”の“持ち物を探す”タブに表示されないことがある問題
  • FinderまたはiTunesを使用してデバイスの復元やアップデートを実行するとiPhone 13モデルとiPad mini(第6世代)で失敗することがある問題

スポンサーリンク

それ以外にもセキュリティーアプデートが行われています。
詳細については「About the security content of iOS 15.0.2 and iPadOS 15.0.2 – Apple Support」(英語)に記載されていますので、興味がある方はそちらをごらんください。

iOSのみのアップデート内容

続いてiOS 15.0.2のみで適応されたアップデートです。

  • MagSafe対応iPhoneレザーウォレットが“探す”に接続されないことがある問題
  • CarPlayで、再生中にオーディオAppを開けないことや接続を解除できないことがある問題

iPadOSのみのアップデート内容

最後にiPadOS 15.0.2のみで適応されたアップデートです。

  • 日本語配列の外部キーボードに誤って英語(US)配列が使用されることがある問題

ソフトウェア・アップデートに関する記事

スポンサーリンク

関連記事