何が変わった?iOS 14.6・iPadOS 14.6がリリース

この記事では2021年5月25日にリリースされたiOS 14.6とiPadOS 14.6で何が変わったのか。新しい機能はあるのか、どんなバグが修正されたのか?などを紹介します。

iPhone・iPad両方を持っている方のためにiOSとiPadOS共通の変更点と、iOS・iPadOS個別の変更点をわかりやすくまとめています。

iOS 14.6・iPadOS 14.6はマイナーアップデート

スポンサーリンク

1つ前のアップデートiOS 14.5・iPadOS 14.5は新機能の追加が多く、iOS 14・iPadOS 14シリーズの中ではかなり大きなアップデートでした。

今回のiOS 14.6とiPadOS 14.6は新機能と呼べるものはなく、ほぼ「改良・改善」のアップデートのようです。

だからといって「新機能ないならアップデートしないで良いか」ではなく、iOS 14・iPadOS 14シリーズを使っている方はできるだけアップデートしましょう。というのも多くのバグやセキュリティーの問題が改善されているからです。

iOSとiPadOS共通の変更点

スポンサーリンク

まず初めにiOSとiPadOSで共通した変更点から紹介します。

Podcast

  • チャンネルまたは個別の番組のサブスクリプションに対応

AirTag

  • AirTagおよび“探す”ネットワークアクセサリで電話番号の代わりにメールアドレスを追加する紛失モードのオプションを追加

アクセシビリティ

  • 音声コントロールのユーザは、再起動後の初回ロック解除時に、音声のみを使用してiPhoneのロックを解除可能

バグの修正

  • リマインダーが空白行として表示される場合がある問題
  • Bluetoothデバイスで、通話中に切断されたり、別のデバイスにオーディオが送信されたりすることがあった問題

セキュリティアップデート

セキュリティアップデートが今回は多く行われています。セキュリティアップデートは専門性が高いためこの記事では割愛します。興味がある方は「About the security content of iOS 14.6 and iPadOS 14.6 – Apple Support」をご覧ください。

iPhone(iOS 14.6)のみ変更された点

AirTag

  • NFC対応デバイスでタップすると、AirTagが所有者の電話番号の一部を隠して表示

バグの修正

  • Apple Watchで「iPhoneをロック」を使用したあとに「Apple Watchでロック解除」が動作しない場合がある問題
  • 「設定」で着信拒否の機能拡張が表示されないことがある問題
  • iPhoneの起動時にパフォーマンスが低下する場合がある問題

iPad(iPadOS 14.6)のみ変更された点

iPadOS 14.6のみ変更された点はありません。

ソフトウェア・アップデートに関する記事

関連記事