iOS 12はすぐに入れた方が良い?それとも少し待つべき?

スポンサー・リンク

例年通りであれば、あと数週間でiOS 12がリリースされます。

それまでの最新のiOSのバージョンは11.4.1なので1年ぶりのメジャーアップデートです。この最新のiOSがリリースされたらすぐにインストールしても良いのでしょうか。

それともしばらく様子を見た方が良いのでしょうか。

アップデートは主に3種類ある

iOSのアップデートには3段階あります。この違いをまず予備知識として紹介します。

現在のiOSのバージョンは11.4.1なので、それを例に3つのアップデートを見ていきましょう。

マイナーアップデート

11.4.1が11.4.2になる場合、これは細かいバグ修正ばかりで新しい機能追加は基本的にありません。これはマイナーアップデートです。

中規模のアップデート

11.4.1が11.5になったとしたら、それは中規模のアップデート。新機能の追加はありつつ、iOS 11をベースにしています。

メジャーアップデート

そして今回のiOS 11.4.1がiOS 12になるのはメジャーアップデートです。

メジャーアップデートでは大幅なユーザーインターフェイスの変更が行われたり、大きな新機能が追加されることがあります。

メジャーアップデートは注意が必要

通常、メジャーアップデートは問題が起こりがち。アップデートを行うのは注意が必要です。

iOS自体に問題がある可能性

リリースされた当日から数日はアップデートファイルがあるサーバーが混む傾向があります。うまくダウンロードできないことも。

またリリース直後は致命的なバグが見つかることがあります。

基本的に「絶対にiOSを今日入れないと困る」という人以外はメジャーアップデート後すぐにiOS 12を入れず、iOS 12.0.1などマイナーアップデートが出るのを待っても良いと思います。

ちなみに過去メジャアップデート後、どのタイミングでマイナーアップデートが出たか?を調べてみると、1週間から10日後にマイナーアップデートを出しています。

使っているアプリが使えなくなる可能性

日常生活で「このアプリがないと困る」というアプリがある場合は、iOS 12に対応しているかApp Storeやメーカーのウェブサイトで確認しましょう。

最悪の場合、iOSをアップデートしたらアプリが起動しなくなったという事態に陥る可能性もゼロではありません。

メッセージアプリや、カレンダーアプリ、InstagramやTwitterのアプリだけでなく、ハマっているゲームやKindleなど遊びに使うアプリが動かないのも結構ストレスです。

場合によってはアプリのアップデートを待つか、メーカーの新しいOSへの対応状況確認を待った方が良いかもしれません。

使っている端末が遅くなる可能性

iOS 12は大がかりな見た目のアップデートを行わず、バグの修正や安定性の向上などを行い大幅なアップデートは行わないと発表しています。

またパフォーマンスが向上させるため、iOS 11と同じかそれより早く動くなんていう話も聞いています。

とはいえ、古いiPhoneやiPadに新しいiOSを入れて、それが原因で端末の動作が遅くなってしまうのはちょっと切ないです。

そんなときはリリースされた後、Googleなどの検索エンジンで「iOS 12 遅い iPhone 5s」などを指定して検索し、巷の声を集めてみるのも良いです。

個人的には少し待つことをお勧めします。

新しい機能が追加されたり、見た目も変わったりするので新しいiOSがリリースされたら、試して見たい人も多いはずです。

ただ上でも触れたように不具合や、使っているアプリが対応していない可能性があるので、最初のマイナーアップデートが出るまで(過去のパターンでは、メジャーアップデートから1-2週間でリリースされています)待つことをオススメします

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告