AirPods ProとAirPodsのファームウェアがリリースされる

Appleは2019年12月17日、AirPodsとAirPods Proのファームウェアをアップデートしました。

過去のAirPodsシリーズのファームウェアのアップデート同様、今回のアップデートも何が改善されたのかなど詳細は明かにされていません。

この記事ではアップデート方法や今回のアップデートにまつわる情報を紹介します。

AirPods・AirPods Proの新しいファームウェアがリリース

スポンサーリンク

2019年12月17日、AirPodsとAirPods Proの新しいファームウェアがリリースされました。

今回リリースされたAirPodsとAirPods Proのファームウェアのバージョンは「2C54」です。

「2C54」というファージョンを見てもわかる通り、iOSやiPadOSとは全く違うナンバリングの方法を採用しています。

これまでAirPodsとAirPods Proは違うファームウェアのバージョンを使っていましたが、今回初めて同じファームウェアのバージョンが使われるようになりました。

ちなみに従来のAirPodsは「1A673」、AirPods Proは「2C588」というバージョンでした。

Appleは以前からイヤホンなど周辺機器のファームウェアアップデートはアップデート内容を明かにしません。

そのため何か機能が追加されたか、どんなバグが修正されたのかなどといった情報をユーザーは得ることができません。

ただ過去のファームウェアのアップデートでは機能が追加されたことはなく、バグの修正や最適化などが行われるに留まっています。

とはいえ、ファームウェアをアップデートすることで接続が安定したり、接続速度が速くなったり、音質の向上などが行われる可能性が高いのでアップデートするメリットは大きいのは間違いありません。

AirPodsやAirPods Proをアップデートする方法

スポンサーリンク

AirPodsやAirPods Proをアップデートする方法ですが、実は手動でアップデートを行うことができません。

アップデートが行われる条件は以下の通りとなっています。
もし早くAirPods、AirPods Proのアップデートを行いたいときは、以下の条件を満たすようにしましょう。

  • AirPodsがケースに入っている
  • AirPodsのケースが充電中である
  • AirPodsと繋がったiPhone、またはiPadがAirPodsの近くにある

ちなみにこの条件を満たしても、すぐにAirPodsのファームウェアアップデートが行われるわけではありまえん。あとは待つのみです。

AirPods・AirPods Proのファームウェアのバージョンを確認する方法

最後にAirPodsとAirPods Proのファームウェアのバージョンを確認する方法を紹介します。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. 情報をタップ

  1. 画面一番下にあるAirPodsをタップ
    ※AirPodsが繋がっていないと表示されません
  2. ファームウェアのバージョンをチェック

 

関連記事