Twitterの文字数制限が半角4000文字に!?イーロン・マスクが明言

スポンサーリンク

イーロン・マスクがTwitterを買収したことで、毎日のようにTwitter関連のニュースが流れてきますが、その中でも今回はTwitterの歴史が変わるような大きなニュースが飛び込んできました。

TwitterのCEOであるイーロン・マスクが2022年12月11日に、文字数の制限を現在の全角140文字・半角280文字から、半角で4000文字にすることを明らかにしました。

ユーザーのツイートに返信する形で明らかに

今回の情報が明らかになったのはTwitter上でイーロン・マスクに投げられた質問からでした。

「Twitterの文字数を280文字から4000文字にするのは本当ですか?」という質問に対して一言「はい Yes」と答えています。

たった一言の返信のため、「いつ」なのかなどについては言及されていませんが、文字数を増やす方向で動いていることは間違いなさそうです。

もちろん見切り発車でツイートしただけで今後導入されるかどうかはわかりません。

スポンサーリンク

半角で4000文字ということはこれまでの約14倍。Twitterがこれまでとはまったく違うメディアに変わってしまうのは間違いなさそうです。

ちなみにTwitterの乗り換え先としてMastdonというサービスが一時期注目を浴びていましたが、Mastdonの文字制限は基本的に500文字です。ただMastdonは改造できるため、500文字以上も可能とか。

イーロンマスクの表明に賛否の声

イーロンマスクが文字数を半角で4000文字にするとツイートした後、そのツイートには様々な声が寄せられています。

多くは批判的な声

寄せられるツイートの多くは批判的なものです。

例えばフォロワー数が4.3万人いるRichard Garriott氏には上記のようにツイートしています。ツイートの一部を意訳すると以下の通りです。

イーロン、お願いだから文字数を増やさないで!僕がFacebookや他のサービスを使わないでTwitterを使う理由は、誰も長い質問ができなくて、誰も長い答えを期待しないからだ。

https://twitter.com/svenvarkel/status/1601864333910237185
他にもこんなツイートがありました。これもツイートの一部を意訳します。

(4000文字になることは)Twitterで最悪の出来事だ。当初は120文字だったのが280文字に増えた。少ない文字であることがTwitterたるポイントだ。

またツイートの中でTwitterという名前は鳥のさえずりTweetから来ていて、文字数が長くなってしまったら、それはさえずりではなくおなら・嘔吐であると批判しています。

中には賛成派もいます。

反対派が多い中、4000文字になることを歓迎している人もいます。

スポンサーリンク

純粋に文字数が増えることを歓迎する人もいれば、中にはスレッドが嫌だったから、スレッドがなくなることが嬉しいと言う人もいます。

本当に導入されれば、まったく別のメディアに変わるかもしれません

冒頭でも触れましたが、現在Twitterは半角で280文字、全角で140文字しか投稿することができません。

そのため長いツイートをしたい人はスレッドにして、いくつもツイートを投稿するか、メモ.appなどで長文を書いて、スクリーンショットをツイートしていました。

これが一気に半角4000文字、全角2000文字までツイートできるようになると、これまでとはまったく別のメディアに変わる、変わってしまうのは間違いなさそうです。

これまでの「短文の良さ」が損なわれ、Twitterの画面も長いツイートが画面の多くを占めるか、もしくは一定の文字数を超えると「続きを見る」といった形で省略されるようになるのかもしれません。

今後どうなるのか目が離せません。