【AirTag】初のファームウェアアップデートがリリース「1.0.276」に

AirTagが発売されてから初めてのファームウェアアップデートがリリースされました。
この記事ではAirTagのファームウェアアップデートについて今わかっている情報をまとめています。

AirTagのファームウェアが1.0.225から1.0.276に

スポンサーリンク

アメリカ時間の6月3日、Appleは発売後初となるAirTagのファームウェアをリリースしました。

これによってファームウェアのビルド番号が1A276dとなり、バージョンは1.0.225から1.0.276になっています。

ファームウェアのアップデートを確認する方法は以下の通りです。

  1. 探すアプリを開く
  2. 画面下から持ち物を探すをタップ
  3. ファームウェアのバージョンを知りたいAirTagをタップ
  4. バッテリーアイコンをタップ

以上で確認することができます。下記の記事ではスクリーンショット付きで紹介していますので、興味がある方は併せてご覧ください。

新しいファームウェアで変わったことは?

スポンサーリンク

情報元の9toMacによると、これまでAirTagがペアリングされたiPhoneから離れてから通知が表示されるまでの時間は72時間、3日間でした。

それが今回のアップデートによって「8時間から24時間」のランダムで表示されるようになるとのこと。

またペアリングされたiPhoneから3日以上離れたAirTagを起動させると音がなるそうです。

ファームウェアをアップデートする方法は?

最後にAirTagのファームウェアをアップデートさせる方法なのですが、Appleは公表していません。AirPodsもAirTagと同様「ソフトウェア」ではなく「ファームウェア」のアップデートが行われてきましたが、手動でアップデートすることはできません。

AirTagの場合、唯一できることは「iPhoneの近くに置いておく」ことくらいです。アップデートされるまで気長に待ちましょう。

ちなみに筆者の環境では6月4日午前7時45分現在、まだアップデートされていません。

情報元:9toMac | OTA Updates/AirTag – The iPhone Wiki

関連記事