iPhone/iPadで使うApple IDのファミリー共有を設定する方法(iOS 11対応)

iPhone/iPadで使うApple IDのファミリー共有を設定する方法(iOS 11対応)

iPhoneなどのファミリー共有で特定のアプリを購入済みリストから非表示にする方法
Apple IDのファミリー共有で共有できるものとできないもの
Apple IDのクレジットカード情報を変更する方法(iOS 11)

スポンサーリンク

夫婦や家族間でそれぞれのiPhoneやiPadを使って、同じ音楽を聞きたい、同じ映画を見たい、同じゲームをプレイしたい。そんなことってありますよね。

以前は家族4人いたら、それぞれのApple IDで音楽や映画、ゲームなどを購入しなければなりませんでした。それが数年前、「ファミリー共有」という機能が追加されたことで家族間の購入したデジタルコンテンツを共有することが可能になりました。

そこでこのページではApple IDのファミリー共有の設定方法を紹介します。

ファミリー共有とは

ファミリー共有の設定方法を紹介する前に、ファミリー共有とはいったいどんなものなのか、簡単に紹介します。

ファミリー共有というのは、AppleストアやApple Music、iTunes、iBooksで購入したコンテンツを家族で共有できるようにするものです。

またiCloudのストレージも共有できるようになり、写真やカレンダーといったものも共有することができるようになります。

スポンサーリンク

例えば長男がマインクラフトを購入して、お父さんや次男も自分の端末にインストールしたり、お母さんがiBooksで購入した本を他の家族もダウンロードして読んだりすることができるようになるわけです。

ファミリー共有で家族を追加する方法

ファミリー共有に家族を追加するには以下の手順で行っていきます。

ちなみにファミリー共有は家族を最大で6人まで登録することができます。

  1. 設定を開く
  2. ファミリー共有をタップ
  3. ファミリーメンバーを追加をタップ
  4. iMessageで登録を依頼直接会って登録を依頼お子様用のアカウントを作成のいずれかをタップ。ここではiMessageで登録を依頼をタップします。

  1. Apple IDで使用しているクレジットカードのセキュリティコードの入力を求められるので入力。
  2. iMessageが起動しますので、宛先に家族のApple IDを入れ送信
  3. 相手のいMessageにファミリー共有のメッセージが行くので、送られた人が「承認」すればファミリー共有の設定は完了です。

スポンサーリンク

COMMENTS