Apple IDのファミリー共有で共有できるものとできないもの

Apple IDのファミリー共有で共有できるものとできないもの

iPhoneやiPadでApple IDをファミリー共有するメリットとデメリット
他のiPhone/iPadで購入したアプリを勝手にダウンロードさせない方法
iPhoneなどのファミリー共有で特定のアプリを購入済みリストから非表示にする方法

スポンサーリンク

このページではApple IDのファミリー共有でどんなコンテンツが共有され、また逆にどんなコンテンツが共有されないのかを紹介します。

ファミリー共有で共有できるモノ

まずApple IDをファミリー共有したときに共有できるものを紹介します。

  • iTunes Store で購入した音楽や映画、テレビ番組
  • iBooks Storeで購入した本
  • App StoreやMac App Storeで購入した「ファミリー共有」対応のアプリ。

ファミリー共有で共有できないモノ

では逆にファミリー共有で共有できないものはどんなものか?というと以下のものです。

  • App内課金のコンテンツ
  • iTunes Matchに追加した曲のうち、iTunes Storeで購入したものではないもの
  • Apple Musicの個人メンバーシップや学生メンバーシップ
  • 雑誌、新聞などのその他の定期購読サービス
  • iTunes Storeで現在取り扱いが中止になっているもの
  • ファミリー共有メンバーグループのメンバーが「非表示」にしているコンテンツ。
  • App StoreやMac App Storeで購入した「ファミリー共有」非対応のアプリ
  • Apple TVのみ共有した音楽にアクセスできません。

ファミリー共有で気をつけたいのはアプリ内課金

ファミリー共有のなかで特に気をつけなければいけないのは「App内課金のコンテンツ」です。アプリ内課金したコンテンツはファミリー共有されません。

よくアプリ自体は無料だけど、「フル機能を使う場合はアプリ内課金をして解除する」というものがあります。こういったアプリはファミリー共有ができないということですね。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

COMMENTS