iPhone・iPadのファミリー共有で「共有できるもの」と「できないもの」

このページではApple IDのファミリー共有でどんなコンテンツが共有され、また逆にどんなコンテンツが共有されないのかを紹介します。

ファミリー共有で共有できるモノ

スポンサーリンク

まずApple IDをファミリー共有したとき、以下のものが家族間で共有されます。

  • Apple TV+
  • Apple Music
  • Apple Arcade
  • iCloudストレージ 200GBと2TBのみ
  • 音楽
  • 映画
  • アプリ
  • スクリーンタイム
  • 位置情報
  • ファミリー共有のアルバムに入れた写真

Apple TV+やApple Music、Apple Arcade、iCloudのストレージといったサブスクリプション(月額定額制のサービス)は家族の中の1人が加入することで、他の人たちも使えるようになります。

ただしApple Musicは個人だと990円/月なのに対して、家族の場合は1,480円/月になります。

それ以外の過去に購入した音楽や映画、本、アプリは「ファミリー共有に対応したもの」だけ他の家族も利用可能です。

ファミリー共有で共有できないモノ

スポンサーリンク

では逆にファミリー共有で共有できないものはどんなものか?というと以下のものです。

  • アプリ内課金のコンテンツ(サブスクリプションを含む)
  • iTunes Matchに追加した曲のうち、iTunes Storeで購入したものではないもの
  • Apple Musicの個人メンバーシップや学生メンバーシップ
  • 雑誌、新聞などのその他の定期購読サービス
  • iTunes Storeで現在取り扱いが中止になっているもの
  • ファミリー共有メンバーグループのメンバーが「非表示」にしているコンテンツ。
  • App StoreやMac App Storeで購入した「ファミリー共有」非対応のアプリ

ファミリー共有で気をつけたいのはアプリ内課金

ファミリー共有で共有できるものとできないものを紹介してきましたが、ファミリー共有のなかで特に気をつけなければいけないのは「App内課金のコンテンツ・サブスクリプション」です。

アプリ内課金したコンテンツや、サブスクリプションのコンテンツはファミリー共有されません。

例えば「逆転裁判6」というゲームの価格は120円です。
120円払うと第一話だけ遊ぶことができますが、続きを遊びたい場合はアプリ内課金を使って全シナリオをまとめて購入すると2400円かかります。

「大逆転裁判」の場合、ファミリー共有では120円分の「第1話」は共有されまずが、アプリ内課金の「全シナリオ 2440円」は共有されません。家族3人が各人でプレイしたい場合は7,320円かかることになります。

逆に「ドラゴンクエストV」はアプリ課金がなく、アプリ本体の価格が1,840円です。なので1,840円払えば、家族間でアプリを共有することが可能です。

またサブスクリプションもファミリー共有されませんので注意が必要です。

関連記事