【iPhone・iPad】本体の向きを縦横変えても画面の向きが変わらないときの直し方

この記事ではiPhone・iPadの本体の向きを変えても、画面の向きが変わらなくなってしまった時の直し方を紹介します。

直し方を知っている方にとっては当たり前の直し方かもしれません。ただiPhoneやiPadは説明書がないので「え?そんなことできるの?」と思う方もいるかもいるのではないでしょうか。

解決策1:画面の回転がロックされているかもしれません

スポンサーリンク

もしiPhone・iPadを横向きにしても、画面の表示が横向きにならないときは、画面の回転がロックされている可能性があります。

そんなときは画面のロックを解除してあげましょう。

  1. コントロールセンターを表示
  2. 南京錠のアイコンが白地に赤だったらタップ

もし南京錠の背景が灰色の場合は、一回タップして画面をロック(背景を白)にして、もう一度同じアイコンをタップしてみてください。

コントロールセンターを出す方法

余談ですがコントロールを出す方法は以下の通りです。

ホームボタンがあるiPhoneの場合

ホームボタンがあるiPhone(iPhone 8以前)の場合、画面下を上にスワイプすることでコントロールセンターを表示させることができます。

ホームボタンがないiPhoneの場合

ホームボタンがあるiPhone(iPhone X以降)の場合、画面右上を下にスワイプすることでコントロールセンターを表示させることができます。

iPadの場合

iPadでコントロールセンターを出す場合、お使いのiPadやiOSのバージョンにより、以上いずれかの方法でコントロールセンターを表示させることができます。

念のためやり方をまとめておくと

  • 画面右上を下にスワイプ
    ※ホームボタンのないiPadや、iOS 12をインストールしたiPadの操作方法
  • 画面下を上にスワイプ
    ※この操作はそれ以外のiPadでコントロールセンターを出す方法です

端末を再起動する

スポンサーリンク

まれにiPhoneやiPadのバグが原因で画面が回転しなくなってしまうことがあります。

そんな時は一度iPhone・iPadを再起動してみてください。
再起動はiPhone・iPadを一度終了させて、もう一度電源を入れるだけです。

関連するかもしれない記事

関連記事