インターネット共有(テザリング)がうまくできないときに試したいこと

この記事ではiPhone・iPadでインターネット共有(テザリング)がうまくできないときに試したいことを紹介します。

iPhone・iPadのインターネット共有(テザリング)は細かい設定をすることなく、他の端末とインターネット共有ができて便利なのですが、共有がうまく行かないときに何をしていいのかわかりません。

iPhone・iPadのテザリングがうまくできないときに試したいこと

スポンサーリンク

iPhoneやiPadを使ったインターネット共有(テザリング)ができないときは以下の対処方法をお試しください。

インターネット共有をオンオフする

最初に試したいことはインターネットを共有する端末の、インターネット共有をオンオフすることです。

インターネット共有を使ったことがある方なら、どこをオン・オフすればいいかすぐにわかりますね。

インターネット共有ができないときに試したいこと 1

  1. 設定を開く
  2. インターネット共有をタップ
  3. インターネット共有オフの場合はオンに。すでにオンになっている場合はいったんオフにして再びオンにしてみましょう。

僕は一時期、自宅のインターネットが普通になり3週間ほどiPhoneのインターネットをインターネット共有してパソコンをネットに繋げていました。

そのとき他の端末が繋がらなくなってしまったとき、このインターネット共有のオンオフをすることでたいてい解決できました。

受信側のWi-Fiをオンオフする

次に試してみたいのは、インターネット共有をしてもらう側のWi-Fiをオンオフすることです。

インターネット共有で繋がっているようで、繋がったフリをしていることがあるので、再接続してみましょう。

ここでは設定からWi-Fiをオン・オフする方法を紹介しますが、コントロールセンターからWi-Fiのオン・オフをすることも可能です。

  1. 設定を開く
  2. Wi-Fiをタップ
  3. Wi-Fiオフ
  4. Wi-Fiオン
  5. 接続したいインターネット共有をタップ

これで再度インターネット共有に繋がります。もし受信側に問題があるときはこれで解決することもあります。

iPhone・iPadを再起動する

上で紹介したことを試しても繋がらないときは、iPhone・iPadの端末自体を再起動することで問題が解決する可能性があります。

その場合、インターネット共有をする側の端末と、受信する側の端末、どちらに問題があるかわからないので、どちらも再起動すると確実です。

モバイル通信のオン・オフをする

インターネット共有をする側の端末のモバイルデータが何らなの理由(バグ)で、上手くデータの送受信できていない可能性があります。

その場合はモバイル通信のオン・オフをすることで解決することがあります。

  1. 設定を開く
  2. モバイル通信をタップ
  3. モバイル通信をいったんオフ
  4. すぐにモバイル通信オン

モバイル通信をオフにするとインターネット共有が切れてしまいますので、インターネット共有を再度つなぎ直しましょう。

関連記事