iPhone/iPadのインターネット共有のWi-FiとBluetooth、USB接続の違い

Wi-FiモデルのiPadを使って出先でインターネットをしたい時。
出先にWi-Fiを使えれば、そのWi-Fiを使ってインターネットをすることができます。でも、必ずしも出先でWi-Fiを使えるとは限りません。

そんな時に便利なのがiPhoneの「インターネット共有 テザリング」です。

iPhoneでインターネット共有をすると、iPhoneのモバイル通信を使って他の端末でもインターネットに接続することが可能になります。

iPhoneのインターネット共有には3種類ある

スポンサーリンク

iPhoneでインターネット共有(テザリング)をする時、接続方法が3つあります。

  • USB接続
  • Wi-Fi接続
  • Bluetooth接続

同じインターネットを共有するのに、どうして3つも用意されているのでしょう?

それぞれのメリットとデメリットをリストにしました。

Wi-Fiでインターネット共有をするメリットとデメリット

スポンサーリンク

まずWi-Fi接続でインターネット共有をする時のメリットとデメリットです。

Wi-Fi接続のメリット

  • 共有するときの設定が簡単
  • ワイヤレスでインターネットを共有できる
  • 速度が早い

Wi-Fi接続のデメリット

  • W-Fi電波が混んでいるときは繋がりにくいことがある
  • Bluetoothと比べて、接続が切れやすい
  • Bluetoothと比べて電池の減りが激しい

街なかなどたくさんのWi-Fiが飛んでいる環境の場合、インターネット共有をするiPhoneが発するWi-Fiが表示されなかったり、また繋がりにくくなる以外は速度も設定のしやすさもすごく良いです。

Bluetoothでインターネット共有をするメリットとデメリット

それではBluetoothでインターネットを共有する時のメリットとデメリットを見てみましょう。

Bluetoothのメリット

  • Wi-Fi同様でワイヤレスでインターネットを共有できる
  • バッテリーの消費が他の接続と比べて一番少ない
  • 一度設定をすれば、次からはすぐに繋がる

Bluetoothのデメリット

  • 最初の設定が少しわかりにくい
  • 通信速度が遅い。最速で1Mbps。実際はそれより遅いです。

接続の安定性や消費電力が非常に少ないのは大きなメリットなんですけど、デメリットの「通信速度が遅い」は使い方次第でよくも悪くもなります。

Wi-Fi版のiPadを買って、外出中はiPhoneでBluetoothを使って常にインターネット共有。メールの通知をiPadでも見れたり、メールやメッセージの送受信くらいなら使うことができます。

ただしSafariなどのブラウザで、さまざまなサイトを見たり、カメラで撮影した写真や動画を送ったり、動画を見たりするには「転送速度が最速で1Mbps」というのは遅すぎます。

iPhoneやiPadでBluetooth経由のテザリング(インターネット共有)する方法

USB接続でインターネット共有をするメリットとデメリット

そして最後のUSB接続でインターネット共有をするときのメリットとデメリットです。

USB接続のメリット

  • ケーブルで繋ぐだけで設定が不要
  • ついでにiPhoneが充電される
  • 通信速度が早い

USB接続のデメリット

  • Lightningケーブルが必要 = ワイヤレスではないから距離に制限がある
  • パソコンのバッテリーでiPhoneが充電されるため、Macのバッテリーの消費が激しくなる

街なかでWi-Fiが混んでいる時にUSB接続(Lightningケーブルで接続)でインターネット共有をすると非常に快適です。ただし、その場合パソコンのバッテリーの減りが激しくなるのも頭に入れておきましょう。

基本Wi-Fi接続ときどきUSB接続

アレコレと3種類あるインターネット共有のやり方のメリットとデメリットを書いてきました。

それらを踏まえて僕は普段はWi-Fi接続。でもUSB接続も時々使いながら、インターネット共有をしています。

Bluetoothは消費電力が低いのは魅力的なので、「通信速度が遅い」を理解した上で、通知を受けたりメッセージやメールのやり取りだけのために使うことをお勧めします。

USB接続は主に出先でパソコンを使って仕事をするときです。
パソコンの電池は減りますが、長時間の仕事でなければ通信速度が早く安定していて、さらにiPhoneの充電ができてしまうのは魅力的です。もちろん長時間外出しそうな日はWi-Fi接続でインターネット共有しています。

関連記事