【iPhone・iPad】インターネット共有とは何?メリットとデメリット

スポンサーリンク

この記事ではiPhone・iPadの機能の1つ「インターネット共有」とはいったいどんな機能なのか。また使う上で知っておきたいメリットとデメリットを紹介します。

インターネット共有は上手く使うことで1年間に何万円も節約できるかもしれない便利な機能なので、ぜひ使いこなしましょう。

インターネット共有って何?

「インターネット共有」とは、iPhoneやiPadのモバイル通信を使って、モバイルWi-Fiルーターの代わりに他の端末をインターネットに接続できるようにする機能のことを言います。インターネット共有はテザリングとも言われます。

例えば外出先でWi-FiモデルのiPadやMacBookなどノートパソコンを、iPhoneのモバイル通信を通してインターネットに繋ぐことが出来るようになります。

ちなみにiPadでインターネット共有を使うにはセルラーモデルである必要があります。

スポンサーリンク

インターネット共有を使う上で知っておきたいこと

インターネット共有がどんなものかわかったところで、次はインターネット共有をする上で知っておきたいことについて触れていきます。

通信会社の契約プランによって利用不可・追加料金の場合も

お使いの通信会社や契約プランによってインターネット共有(テザリング)できないプラン、または初期設定ではできず申請する必要がある場合があります。

大手通信会社とその低価格ブランドのテザリング対応状況です。基本的にすべての通信会社でインターネット共有(テザリング)は利用可能なのですが、auとソフトバンクは一部のプランが有料です。

申請追加料金
NTTドコモなしなしリンク
au必要一部あり(550円)リンク
ソフトバンク必要一部あり(550円)リンク
ahamoなしなしリンク
povoなしなしリンク
LINEMOなしなしリンク

ここで紹介した以外の通信会社は1つずつ調べ切れていません。通信会社ごとに変わってくると思うので通信会社のウェブサイトを調べたり、直接電話して確認してみましょう。

インターネット共有のメリットとデメリット

インターネット共有のメリット

スポンサーリンク

インターネット共有が使えることで、パソコンやタブレット、Kindleなどの電子書籍、Wi-Fiに接続する必要がある電子機器をインターネットに繫げるためにモバイルWi-Fiを使わなくても良くなります。

モバイルWi-Fiを持ち歩かなくて良いので荷物が減ったり、モバイルWi-Fiを解約できれば毎月の通信費を抑えることも可能です。

通信費は例えばY!モバイルが提供するポケットWi-Fiの場合、月額4000円前後します。年間で48000円です。その通信費を抑えられるのは大きなメリットです。

インターネット共有のデメリット

通信量に気を付けないといけない

インターネットを共有することで1つの回線で複数端末のデータ通信を行うので、それだけ通信量が増えます。

例えばiPhone以外にiPadやMacも持っていて、自宅でインターネットの契約をせずにインターネット共有だけで通信をまかなおうとすると大変なことになるかもしれません。

また、アプリやソフトウェアのアップデートで何ギガもデータを使ってしまうなんてことが起こる可能性もゼロではありません。

特にインターネット共有を行うとインターネット共有は「Wi-Fi」という扱いになるため、注意が必要です。

スポンサーリンク

というのもiPhoneやiPad、Macのアプリのなかには「Wi-Fi環境のみ通信可」という設定や「Wi-Fi環境下のみアップデート可」があり、インターネット共有に繋がっていると、Wi-Fi環境下と同じ通信を行ってしまい、データ通信がかなり圧迫してくることも。

ちなみに僕はMacでインターネット共有中に通信制限を掛けるアプリTripModeを使っています。

電池の消耗が早くなる

インターネット共有中はバッテリーの消耗が激しくなります。そのため普段よりも頻繁にバッテリーの残量をチェックしておく必要があります。

他の人に通信をシェアするときは注意

自分以外の誰かにインターネット共有を使わせている場合、あなたがその場を離れるとき、インターネット共有をしているiPhoneやiPadを持っていってしまうとインターネットが切れることがあります。

モバイルWi-Fiなら置きっぱなしにすれば良いので、他人に気兼ねすることなくその場を離れることができます。

通信費を抑えたいならインターネット共有を活用しよう

インターネット共有があれば、モバイルWi-Fiを持っていなくても他の端末でインターネットを使うことができます。

スポンサーリンク

そのため年間で数万円の節約ができるのは事実です。

ただ使い方によってはインターネット共有ではなく、モバイルWi-Fiを契約した方が便利なことが多いのも事実です。

出費とインターネット共有の使用頻度、データ使用量を見ながらぜひ判断してみてください。

インターネット共有にまつわる関連記事

関連記事