インスタグラムで足跡が付く10個のパターン。足跡が付かないパターン

インスタグラムにはあなたが写真や動画を閲覧したことが相手にわかってしまう「足跡機能」が存在します。

この記事では相手にあなたが写真や動画・ストーリーズなどを閲覧したことがバレないようにする方法を紹介します。

そもそも「足跡が付く」って何?

スポンサーリンク

まず始めに一般的に「足跡が付く」とはどういうことなのかについてインスタグラムを例に説明しておきます。

インスタグラムにはあなたが動画や写真などを閲覧したことが相手にわかってしまう(バレてしまう)機能があります。

その機能自体に名称はないのですが、一般的に相手にあなたの閲覧がわかってしまう(バレてしまう)ことを「足跡が付く」「足跡が残る」と言います。

厳密に説明するとすべての行動が相手にわかってしまうわけではありません。一部の行動が相手に通知されたり、閲覧履歴が残ってしまいます。

投稿者は自分の投稿についた足跡がわかることで、誰が自分の写真・動画を見てくれているかわかります。

それによって誰が自分(の投稿)に興味を持ってくれているかわかったり、逆に誰が自分の投稿を見てくれていないかわかるわけです。

あなたをフォローしていない人も足跡が付くので、「会社の同僚が実はあなたの投稿を見ていた」とか「有名人があなたの投稿を見てくれた」なんてこともわかったりします。

インスタグラムで足跡が残る(行動履歴が残る)パターン

スポンサーリンク

インスタグラムで行動履歴が残る(足跡が残る)パターンは全部で10個ほどあります。

まずわかりやすいパターンから見ていきましょう。
これらの行動はFacebookやTwitterなど他のSNSや、LINEなどのメッセージサービスでも似た機能があるので説明は要らないと思います。

  1. フォローする
  2. 「いいね」する
  3. コメントする
  4. タグ付けする
  5. ダイレクトメッセージ(DM)を既読にする

これ以外にインスタグラムにはあなたの行動が相手に通知されるものがあります。

  1. DM:見たら消える写真・動画を見る
  2. DM:見たら消える写真・動画をスクリーンショットする
  3. ライブ配信を見る
  4. ストーリーを見る
  5. ハイライトを見る(投稿から24時間以内に限る)

気を付けたいインスタグラムの足跡

最初に紹介した5つのパターン(フォローする、いいねするなど)については非常に一般的な「足跡」なので、ここでは触れません。

この記事ではあとで紹介した5つのパターンについてもう少し掘り下げて紹介していきます。

DMで「見たら消える写真・動画」を見る

インスタグラムのダイレクトメッセージ(DM)には相手が見たら消えてしまう写真や動画を送る機能があります。

この写真や動画を開くと相手に「開封済み」と表示されるので、あなたがその写真を見たか見ていないか、相手にすぐにわかってしまいます。

これ自体はいわゆる「既読通知」なので、「DMの見たら消える写真と動画は足跡が付く」とすぐに覚えられると思います。

DMで「見たら消える写真・動画」のスクリーンショットを撮る

「相手が見たら消えてしまう写真と動画」のスクリーンショットを撮ると送信者に「スクリーンショット撮影済み」と表示されます。

送った写真・動画を左にスワイプするとスワイプしている間だけ「スクリーンショット撮影済み」と表示されます。

送り主は開封されたこと以外に写真がいつ開封したか、いつスクリーンショットを撮ったのもわかります。けっこう怖いですね。

  1. 送った写真・動画を長押し
  2. 詳細をタップ
  3. これで送信時間・開封時間・スクリーンショットを撮った時間がわかる

正直、送信者は理由があって何度も見れる写真や動画を送るのではなく、「1回で見たら消える写真・動画」を送っているわけなので、その写真・動画のスクリーンショットを撮るのは止めた方がいいのかもしれません。

スクリーンショットを撮りたいときは、写真・動画を開く前に一言「面白かったらスクショ撮って良い?」とか一言声をかけておくことをお勧めします。

ライブ配信を見る

ライブ配信は配信者はもちろん、そのライブを試聴中の人も誰が試聴しているか知ることができます。

ライブ配信中は現在視聴中の人数をタップすると、閲覧者のリストが表示されます。

ストーリーを見る

インスタグラムのタイムラインの一番上には「ストーリー(ストーリーズ)」という写真や動画を使ったスライドショーを投稿した人のアイコンが並んでいます。

このストーリーは投稿から24時間しか表示されませんが、その表示されている間にストーリーを閲覧すると、投稿者は誰が見にきたのかレポートを見ることができます。

閲覧者には足あとが残ることが全く通知されないので、足跡を残したくない人はストーリーの閲覧には注意が必要です。

ハイライトを見る

ハイライトは本来なら24時間で消えてしまうストーリーをプロフィールの下に掲載できる機能です。

例えばAppleのインスタグラムのアカウントを例に挙げると以下のように表示されています。

基本的にハイライト=ストーリーなので、投稿から24時間だけ足跡が残ります。投稿から時間が経ったものは足跡が残りません。

逆に足跡が残らないのは何?

ではインスタグラムで足跡が残る心配がないのは何をした時か?というと

  • 写真や動画を見る
  • 検索で誰かを探す
  • プロフィールを見る
  • 誰かの投稿をシェアする
  • 誰かの投稿をブックマークする(お気に入りにする)

などは相手にバレませんので、足跡がつくか不安な場合は上で書かれていることだけ行っている間は、あなたの行動が相手にバレることはありません。

関連記事